ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年7月3日

 サンパウロ市の保育所への入所を待つ児童数が、11万9千人に達したと2日付アゴラ紙。市教育局によれば、今年4月の入所待ち児童は10万8千だったが、5月には11万9025人になった。1〜5月に入所枠を2万9200増やし、0〜3歳の在籍児童数は20万8935人から21万2千人に2783人増えたが、定員に空きがあると知らされた保護者が入所を決めるまでの期間が4月までの30日から5日に短縮されたため、入所希望者が増えたようだ。市当局は243の施設を新設して希望者を受入れる意向だ。待機児童は南部に多く、ジャルジン・アンジェラの6700人を筆頭にグラジャウー、カッポン・レドンドと続く。
     ◎
 サンパウロ市地下鉄4号線の現時点での終点であるブタンタン駅には大型のバスターミナルが併設されているが、屋根の継ぎ目から雨が漏り、ひどい時には屋根の下で傘を差す必要が生じる所がある。雨漏りは同ターミナルが開設された2011年から起きており、コチアやエンブ・ダス・アルテスなどに行く車線六つの停留所(ポント)の雨漏りがひどいとか。サンパウロ大学内に入る8012/10の線のポントは屋根さえない所に移された。
     ◎
 コリンチャンス屈指の人気選手、パウリーニョの英国リーグ名門トッテナムへの移籍が決定し、1日、サンパウロ市で涙のサヨナラ記者会見を行った。パウリーニョは守備徹底重視のチテ監督によるコリンチャンス・サッカーの申し子的存在で、攻守に渡りコリンチャンスの世界一に貢献、先日のコンフェデ杯でも、最優秀選手投票で第3位に輝く活躍を見せていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年5月23日 東西南北  20日夜から21日夜までかけて行われた、今年のサンパウロ市ヴィラーダ・クルツラルは、雨にも祟られ、閑散とした出足で終わった。ジョアン・ドリア新市長は、主要ステージをこれまでのセントロ集中から、北部のアニェンビー、東部のカルモ公園、南部のインテルラゴスなどに拡散させたが、どこの […]
  • 東西南北2019年12月21日 東西南北  今年もあと2週間を切ったが、サンパウロ市民にとって年明けに気がかりなことの一つはバス代の値上げだ。昨年は3・8レアルから4レアル、今年も4レアルから4・3レアルに値上がりしており、来年はいくら上がるかとビクビクしている人もいるが、アゴラ紙によると、市は0・10レアルの値上げ、 […]
  • 東西南北2019年10月18日 東西南北  ボウソナロ一家とPSLとの泥沼の対立がマスコミの話題をさらっている間に、最高裁では17日から、注目の「2審有罪で刑執行か否か」の審理がはじまった。この審理を巡っても早くも緊張感が高まっており、ボウソナロ大統領が大統領官邸に刑執行反対派の判事を招いた他、元陸軍司令官のヴィラス・ […]
  • 東西南北2019年10月16日 東西南北  15日のPSL党首ルシアノ・ビヴァール氏への連警による家宅捜査は、同氏とボウソナロ大統領の仲を決定的に引き裂く原因になりかねない。一部情報によると、大統領長男のフラヴィオ上議、三男のエドゥアルド下議がボウソナロ氏のPSL残留に向けて工作をはじめているなどの報道もあった矢先。政 […]
  • 東西南北2019年9月27日 東西南北  25日午後、ブラジリアの最高裁前で、最高裁の議会調査委員会(CPI)、別名「ラヴァ・トガ」を求めるグループが抗議運動を行った。彼らは親政府派の政治団体「ヴェム・プラ・ルア」の一部だったが、その主張は「最高裁閉鎖」と「軍事介入」を訴える過激なものだった。事態収拾を目的にかけつけ […]