ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年7月23日

 蜜入りのみずみずしいフジりんごの産地として有名な、サンタカタリーナ州サンジョアキン。冬の冷え込みも厳しい土地だが、22日午前4時半頃、なんとこの冬初めての降雪。気温は0・5度だった。このほかにも同州ではラージェス、サンミゲル・ド・オエステ、ピニャールジーニョ、シャペコーなどの地域でも雪が降ったとか。
     ◎
 北東伯セアラ州フォルタレーザで22日から28日まで、「第1回ブラジル・イタリア世界国際映画祭」というイベントが開催されている。未公開のものを含めた国内外の映画上映や入場無料のセミナーなどが行われ、オープニングは、イタリア映画の『ローマ、開かれた都市』(Roma, Cidade Aberta、邦題は「無防備都市」)。1945年の製作・公開で、イタリア・ネオレアリズモと呼ばれるイタリア映画の全盛期といえる一時代の幕開けとなった作品だ。
     ◎
 22日付エスタード紙が、「現在失業中の、最も偉大な業績をあげた2人のサッカー監督」として、前グレミオ監督のヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ氏と前サントス監督のムリシー・ラマーリョ氏の2人の特集記事を組んだ。5度の全国選手権、10度のサンパウロ州選手権優勝を誇るルシェンブルゴ氏に、リベルタドーレス杯1度やサンパウロFC時代の3連覇(2006〜08年)を含む4度の全国優勝を誇るムリシー氏。両者共に名監督の座は揺るぐことはないが、高給になっているのが契約のネックになっているとか。このところ、新監督就任後も全国選手権降格さえ懸念される惨敗続きのサンパウロはそろそろ考えどころか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年11月13日 東西南北  11日、SBT局が毎年主催する恒例のチャリティ番組「テレトン」の中で、ブラジルを代表する名司会者で同局社主でもあるシルヴィオ・サントスが、ジャイール・ボウソナロ次期大統領に電話をかけ、「これからの8年はあなたに、その次の8年を(次期法相の)セルジオ・モロ氏に大統領をつとめても […]
  • 東西南北2018年1月30日 東西南北  ブラジル電信インフラ協会が先頃、サンパウロ市内における携帯電話のつながりの良い地区と悪い地区の上位10カ所を発表した。それによると、最もつながりやすいのは1位のセー(セントロ)、2位のモルンビーと、10位までは全てセントロと西部地区で占められた。逆に最も悪いのは1位のシダーデ […]
  • 東西南北2018年10月27日 東西南北  今月中旬に、サンパウロ市地下鉄1号線、2号線と連結した5号線の営業が通常化したことで、5号線の利用者が倍増して話題となっているが、今日は、地下鉄4号線のサンパウロ/モルンビ駅が開業することとなった。これができると、これまでバスでしか行けなかった、サンパウロFCの本拠地で、有名 […]
  • 東西南北2016年4月23日 東西南北  19日未明、パライーバ州カンピーナ・グランデ市マルヴィーナス区の州立校に強盗が入ったが、何も盗らずに立ち去るという事件があった。強盗達は保管庫の扉などを壊した上で、壁に「経済危機は学校まで来ているのか。何も盗る物が無いぞ!!!」との落書きを残した。同校は2カ月前にも狙われてお […]
  • 東西南北2016年10月15日 東西南北  13日、サンパウロ州ピタンゲイラス市で、15歳の少女ヴァリシア・フェルナンデス・デ・ジェズスさんの遺体が、腹部が切り裂かれた状態で発見された。彼女は妊娠8カ月で、傍らには顔にナイフの痕のある赤ちゃんの死体がバスタオルに包まれ置かれていた。警察は現在、ヴァリシアさんに前日に会っ […]