ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年8月10日

 サンパウロ州保健局によれば、州内での就労中の事故死は1日1人の割合で、2012年は年間444人が死亡した。8日配信R7サイトが報じた。06年以降の集計では州全体で2239人が死亡、11万9088人がSUS(統一医療保健システム)の救急診療所で手当てを受けている。12年だけで2万5486人、1日70人が診療所へ。「これらの事故は、職場環境の改善、危険業務の遂行時の安全規則遵守、個人の注意で防げる場合が多い」と同局は注意を呼びかけている。
     ◎
 1996年1月、「宇宙人が目撃された」として爆発的な話題となったミナス・ジェライス州ヴァルジーニャ。それにちなみ「ET博物館」を建てようとした同市は、2007年に連邦政府から100万レアルの投資を受けて建設をはじめたが、その工事は骨組みができた2010年に中止されたまま。その哀れな姿は9日付フォーリャ紙の一面に掲載されたが、現在は9匹の犬が住む巨大な犬小屋としてのみ存在している。この計画性のない浪費ぶりには宇宙人もビックリだろう。
     ◎
 3月に屋根に構造欠陥があることが発覚し、修復作業が完了する2015年までの使用禁止を6月に、言い渡されたリオのエンジェニョン・スタジアム。古豪ボタフォゴの本拠地でもあるスタジアムだが、使用差し止めとなってからの管理が杜撰で、スタジアム周辺に飾ってある同チームの歴史的名選手の銅像が白いペンキでの落書き被害にあっている。ザガロ、ガリンシャ、ニウトン・サントスにジャイルジーニョ。いずれもW杯優勝にも貢献した名選手だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • リオでの五輪セミナーに出席した(左から)在リオ総領事館の高瀬総領事、五輪委のシウチーニ氏、パナ社の村上社長、品田副社長(写真はパナソニック提供)2014年4月15日 パナソニック=W杯クイアバ会場に液晶大画面=防犯カメラ330台も納入=リオでは五輪セミナー開催 ニッケイ新聞 2014年4月15日  パナソニック・ド・ブラジル(村上廣高社長)は2日、W杯で日本代表が使用するマット・グロッソ州都クイアバ市の「アレーナ・パンタナール」への機材搬入作業を終えた。277・4平方メートルの巨大液晶スクリーンをはじめとする映像機器類、防犯用の監視 […]
  • 東西南北2014年3月29日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年3月29日  27日夜、パウリスタ大通りでサッカーW杯開催に反対するマニフェスタソンが起こった。約1千人の参加者はコンソラソン通り付近からパライゾ方面に向けて行進をはじめ、ブリガデイロ・ルイス・アントニオ大通りまで歩いた。参加者たちは「FIFAよ、出て […]
  • 東西南北2014年3月28日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年3月28日  27日付本紙でも報じた、今年2月のサンパウロ市での強盗事件の急増だが、サッカーW杯の会場となるイタケロン・スタジアム周辺地区での犯罪急増が目立つという。同スタジアムに近いパルケ・ド・カルモでは、強盗が昨年同月比で82%、自動車強盗が59% […]