ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ市は、今年の上半期における苦情受付センターが受けた内容の統計を発表した。苦情の総数自体は昨年の同時期より2%上がっただけだったが、その内容のほとんどが新型コロナウイルス絡みのものだったという。目立つのは、「外出自粛を破っている人がいる」「店を違法開店している」「規制緩和で開店した店の衛生基準が不十分」などといった内容。これらを見てると、多くの市民が真面目に外出自粛を遵守しようとする姿勢が伺える。苦情とはいえ、決して悪い内容ではないようだ。
     ◎
 新型コロナウイルス用として、世界で初めて政府がワクチンとして公認したロシアの「スプートニクV」。世界中から起こった疑問の声に押され、ロシア政府は、「向こう数カ月で4万人を対象に治験する」と発表した。本来なら、先にそういう治験があった上でのワクチン承認のはずだが。この報を聞いて、同ワクチンの使用に乗り気で交渉も前進させていたパラナ州政府は、果たして何を思う?
     ◎
 19日に行われたサッカーの欧州チャンピオンズ・リーグの準決勝、バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)対リヨン(フランス)戦は、バイエルンが3―0で決勝に進出した。ネイマール所属のPSGとの決勝戦は今度の日曜日、23日にポルトガルで行われる。試合時間はブラジリア時間の午後4時から。無観客試合だが、テレビ中継は盛り上がりそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年1月30日 東西南北  今日30日午後5時から、リオ市マラカナンでサッカーのリベルタドーレス杯の決勝戦、パルメイラス対サントス戦が行われる。この2チームはオールド・ファンにはおなじみの老舗中の老舗チームだ。1960年代のサントスにはペレが在籍し、黄金時代を築いたが、その時代はパルメイラスの黄金期でも […]
  • 《ブラジル》大学入試=コロナ禍の中で初日実施=棄権率は異例の50%超2021年1月19日 《ブラジル》大学入試=コロナ禍の中で初日実施=棄権率は異例の50%超  17日、大学入試や奨学生承認にも使われ、国内で最も重要な試験のひとつである、国家高等教育試験(ENEM)が行われた。当初の実施予定日から2カ月遅れで実施されたものの、コロナ禍の影響で試験そのものが差し止められたり、試験会場で入場を断られたりした人や、参加をとりやめる受 […]
  • 東西南北2020年11月19日 東西南北  ブラジルでスポーツといえば、ほとんどサッカーで埋まるのが常。だが18日付現地紙は、ブラジルが生んだ伝説のボクサー、エデル・ジョフレが1960年11月18日に世界バンタム級チャンピオンに輝いたことと、それから60年が経過したことを大きな記事で伝えた。ジョフレといえば日本でもおな […]
  • 東西南北2020年11月17日 東西南北  15日に行われた統一地方選。コロナ禍ということで、感染爆発を恐れて投票拒否を行う人が出ることは事前に予想されたが、この日の不投票率は23%を記録したという。これは過去20年間の選挙ではワースト記録だ。選挙期間中は、それまで順調に下がっていたコロナの感染者や死者が再び上昇に転じ […]
  • 東西南北2020年10月20日 東西南北  先週、ブラジルの話題を独占したのはシコ・ロドリゲス上議だった。やはり、連邦警察が家宅捜索にふみこんだときに「パンツに賄賂と思しき大金を隠していた」という珍事は相当なインパクトがあった。そのため、ネット上では「これぞ、本当に汚い金」「警察は臭い金を“資金洗浄”しなければ」などと […]