ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年8月13日

 サンパウロ市のバス運営会社19社が今年の上半期に行ったサービスに対する利用客の採点結果がこのほど発表されたが、12年同時期を上回った会社はわずか6社だけとなった。数値は100点満点で示されるが、最高点を記録したのは南西部で運行するトランスクバで、77・3点。逆に最低点を記録したのは東部で運行のイタケラ・ブラジル(旧名・ノーヴォ・オリゾンテ)で48・2点。同社に関してはハダジ市長も「市が協力しかねるひどい運営の会社がある」と批判していた。現在導入中のバス専用車線はバス会社の点数をあげるのに貢献するか?
     ◎
 サンパウロ市南部ジャルジン・サンルイスで9日未明、非番だった軍警のウェズリー・パロン兵士(24)が妊娠中の夫人と共に祖母の家にバイクで向かっている途中、後ろをつけていた2台のオートバイの男たちに胸を撃たれ死亡した。パロン氏は妻をパダリアに入店させかくまったが、その後に3発の銃弾を浴びた。同氏には現在の妊娠中の妻の他にも、前妻とのあいだに2人の子供がいた。
     ◎
 11日のサッカー全国選手権でサンパウロはポルトゲーザに1—2で敗れ、同選手権で10戦連続勝利なしとなり、順位も全20チーム中19位となった。まだ全38試合中12試合を消化した段階とは言え、勝ち点9という数字は、サンパウロ市のライバルが降格を決めた年の12試合消化時の数字を下回る。2007年のコリンチャンスは17点で、昨年のパルメイラスは10点だった。サンパウロが不振にあえぐ中、コリンチャンスは4位に浮上、パルメイラスは2部の首位を保っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年10月20日 東西南北  ダッタフォーリャが19日に発表した世論調査によると、回答者の50%が、「また、新たな軍事政権が誕生するのではないか」と恐れているという。男性で軍事政権誕生を恐れる人は45%だったのに対し、女性は55%で、女性の方が高い。さらに、大統領選でボルソナロ氏を支持した人の65%は「そ […]
  • 東西南北2018年10月6日 東西南北  大統領選の投票もいよいよ明日に迫った。今回の大統領選は、問題発言の多さで有名な極右のボルソナロ氏と、ラヴァ・ジャット作戦の影響もあり、政権を追われていたはずの労働者党(PT)のハダジ氏という、両極の対決ということになり、これまで以上に行方の気になる戦いとなっている。ここのとこ […]
  • 東西南北2018年9月28日 東西南北  26日、大統領選候補たちによる討論会がSBT局で行われた。今回もジャイール・ボルソナロ氏は欠席。候補らの標的は支持率2位のフェルナンド・ハダジ氏となり、シロ・ゴメス氏やマリーナ・シウヴァ氏からの厳しい質問がハダジ氏に集中した。シロ氏とマリーナ氏は「左派側からの候補」の座をハダ […]
  • 東西南北2018年6月8日 東西南北  7日付アゴラ紙によると、サンパウロ市の苦情受付課が18年4月に受けた苦情の数が過去最高の2824件を記録したという。4月はちょうど、ジョアン・ドリア氏からブルーノ・コーヴァス氏に市長が変わった時期だが、苦情はそうした人事とは関係なく、「樹木の手入れ不備」(309件)を筆頭とし […]
  • 東西南北2018年2月24日 東西南北  サンパウロ市西部モルンビのダヴィ・ベン・グリオン通りの交差点で21日夜、両替商を営むロジェリオ・ペレイラ・ジュニオル氏(36)が、いきなり銃弾を浴びる惨事が起きた。ペレイラ氏は信号待ちで停まったところ、路肩から武装した男性が現れ、ペレイラ氏に向けて、フロントガラス越しに最低で […]