ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年9月4日

 リオ州議会で2日夜、マニフェストにマスクなどで顔を隠して参加する全ての人に対して、顔を見せることを義務付けた。それに従わない場合は警察に連行され、犯行履歴の有無の照合を受けるように定めた。6月から全国的に大規模になったマニフェストでは、顔をマスクで覆ったブラック・ブロックスと呼ばれる集団が銀行や商店街を襲撃するなどの事態が全国的に続き問題となっていた。マニフェストに込められた本来のメッセージが暴力で曲解されないためにも、こういう対策は必要と言えそうだ。
     ◎
 1日夜11時30分頃、聖市南部サントアマーロのバス停にいた料理人見習のパウロ・エンリケ・ピニェイロ・リマさん(18)が、倒れた塀の下敷きになり、そのショックで体を強く打って死亡した。一緒にいたファビオ・ロペスさん(29)も、尻や肘などを強打し、病院へ運ばれ手術をしたが、大事には至らなかった。パウロさんはバイーア州から3年前にきて、南部インテルラゴスの恋人の家にバスで向かうところだった。現在事故原因を調査中だが、市によると、事故現場となった場所は特に違法性はなかったという。建物崩壊などこの種の事故に巻き込まれるのに北東伯出身者が多いのは、それだけ多数が聖市で働いているからか。
     ◎
 7日にブラジリアで行われるオーストラリアとの親善試合を前に、伯国代表はフォワードのフレッジとフッキ、サイドバックのダニエル・アウヴェスが怪我のために出場できないことを発表した。その代役をつとめるのはアトレチコ・ミネイロのマルコス・ロシャと、コリンチャンスのアレッシャンドレ・パトの2人だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に2014年5月30日 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に  ワールドカップ開催まであと2週間を切り、開催都市では本格的な観光客対策が迫られている。そんな矢先の28日、サンパウロ州の軍警が公表した、観光客に配る安全情報告知のためのパンフレットに記載された鉄道マップが間違いだらけであることが判明した。 しかも、間違いの数は少なくとも1 […]
  • 東西南北2017年5月23日 東西南北  20日夜から21日夜までかけて行われた、今年のサンパウロ市ヴィラーダ・クルツラルは、雨にも祟られ、閑散とした出足で終わった。ジョアン・ドリア新市長は、主要ステージをこれまでのセントロ集中から、北部のアニェンビー、東部のカルモ公園、南部のインテルラゴスなどに拡散させたが、どこの […]
  • 東西南北2018年11月13日 東西南北  11日、SBT局が毎年主催する恒例のチャリティ番組「テレトン」の中で、ブラジルを代表する名司会者で同局社主でもあるシルヴィオ・サントスが、ジャイール・ボウソナロ次期大統領に電話をかけ、「これからの8年はあなたに、その次の8年を(次期法相の)セルジオ・モロ氏に大統領をつとめても […]
  • 東西南北2018年10月27日 東西南北  今月中旬に、サンパウロ市地下鉄1号線、2号線と連結した5号線の営業が通常化したことで、5号線の利用者が倍増して話題となっているが、今日は、地下鉄4号線のサンパウロ/モルンビ駅が開業することとなった。これができると、これまでバスでしか行けなかった、サンパウロFCの本拠地で、有名 […]
  • 東西南北2018年10月6日 東西南北  大統領選の投票もいよいよ明日に迫った。今回の大統領選は、問題発言の多さで有名な極右のボウソナロ氏と、ラヴァ・ジャット作戦の影響もあり、政権を追われていたはずの労働者党(PT)のハダジ氏という、両極の対決ということになり、これまで以上に行方の気になる戦いとなっている。ここのとこ […]