ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年9月4日

 大陸規模国家ブラジルには数え切れない無医村が散在する。月給3万レでも誰も働きに行きたがらない僻地だ。金持ち子弟が大半の有名大学医学部卒にとって、農村で貧民の相手をするのは肌に合わないらしい。〃赤ひげ先生〃は少ない▼マイス・メジコス政策(以下MM)で外国人医師を無医村に派遣するのを、そんなブラジル人医師が必死に反対している。誰も行きたがらなかった僻地なのに、自分達の職場が奪われるかのように反対するのは滑稽だ。テレビでは現地住民の「どんな医者でも居ないより居たほうがいい」との声を聞いた▼当地の医療政策の根本問題は、無料の公共医療(SUS)と高額の民間医療の二律背反性だ。公共医療が充実すれば、誰も高額な民間には行かない。この二つが両立するのは貧乏人が公共医療に行き、金持ちが民間に行くという棲み分け社会ゆえだ。社会が豊かになって中間層が増えて問題が表面化した▼PT政権のこの10年間は、W杯や五輪誘致には熱心だったが、医療問題解決には積極的でなかった。6月の〃抗議の波〃でその点を突きつけられ、大統領が打ち出したのがMMであり、代表格のキューバ人医師らは来週から現地入りする。最初にブラジル人医師に呼びかけたが、1万5460人もの求人枠に対して6%しか埋まらなかった。その空席に外国人医師を期間限定で呼ぶ訳だ▼「足りないなら外国人を入れれば良い」とは実に移民大国らしい発想だが〃対症療法〃でしかない。根本的な医療充実政策と対にして進めるべきだ。「次はマイス・ポリチコス(外国人政治家)だ」と新聞の読者欄に皮肉ってあったのを読んで、思わず爆笑した。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • カンデラリア聖母教会2014年6月12日 イトゥー市へ来てください=歴史や特色ある工業都市=奥地探検隊が拓いた町  サンパウロ市から北西に約100キロに位置する閑静な町イトゥー。W杯期間中、日本代表チームがキャンプ地として使用する同市は人口約16万人で、日系人も多いほか、日本企業7社が工場を構えるなど日本とのつながりが深い。また、同市と名前の響きが似ており、観光都市という点でも共通点が […]
  • W杯試合日に交通規制=ラジアル・レステの一部で=地下鉄やCPTMは増発2014年4月8日 W杯試合日に交通規制=ラジアル・レステの一部で=地下鉄やCPTMは増発 ニッケイ新聞 2014年4月8日 6月12日から始まるワールドカップ期間中、サンパウロ市では、アレーナ・コリンチャンス(通称イタケロン)で試合がある日の会場周辺で、特別な交通規制などを敷く事を決めたと6日付フォーリャ紙が報じた。 イタケロンで行なわれる試合は、開会式もある6月1 […]
  • 東西南北2014年3月29日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年3月29日  27日夜、パウリスタ大通りでサッカーW杯開催に反対するマニフェスタソンが起こった。約1千人の参加者はコンソラソン通り付近からパライゾ方面に向けて行進をはじめ、ブリガデイロ・ルイス・アントニオ大通りまで歩いた。参加者たちは「FIFAよ、出て […]