ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年9月12日

 ブラジル移民の父として有名な水野龍。それでは沖縄移民の父が誰かご存知だろうか? 〃元年者〃に遅れること32年、初めて沖縄からハワイ移民を送り出した當山久三だ。1903年の第2回渡航では自身も船に乗り込みサトウキビ栽培や英語の習得に勤しんだ。初回移民が故郷に錦を飾ったこともあり、笠戸丸の4割を占めたブラジル含め、海外への憧れの基盤を作ったともいえそうだ▼その功績を称える「當山紀念館」が出身地の金武町にあることは知らなかった。それが解体の憂き目に遭っていることも、だ。沖縄タイムスによれば、保存を希望する署名が町民の4割近い5千に達する勢いだという。移民らの寄付金でできた同館は、移民教育なども行なわれたとか。なんと神戸の移民収容所が現役だった1935年建設なのだから驚く▼日本にある移民関係の建築物としては最古の一つではないか。様々な団体に使用された末、2000年以降は倉庫となっていた。当初は解体後、跡地に庁舎が増築される計画だったが、『存続させる会』が「歴史、建築学史的意義がある」と指摘、儀武剛町長も「議論が必要」と再考の構えを見せている▼同町長には昨年のブラジル金武町人移住100周年で取材した。過去2度来伯、今年はペルーも訪れ、町史編纂では「移民編」を担当するなど、歴史を知識と肌で知っている人物だ。金武町はHPでも〃海外雄飛の里〃を喧伝している。これを機に、町民のみならず、県系師弟らが訪沖時に移民の歴史を学べるよう、資料なども展示した館再建を目指してはどうか。当地沖縄県人、町人会が議論に参加してもいいはずだ。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • コロニア前史に足跡残した日本人達2005年1月1日 コロニア前史に足跡残した日本人達  日本移民百周年を三年後に控えた日系社会の現状をかんがみるに、第一回移民以前のコロニア前史と比較して、発展した分野から、百年を経過したにもかかわらず何ら進歩が見られない分野までがあることに気づかされる。移民先としてブラジルが適地かの議論は、〃笠戸丸前夜〃から真っ二つに分かれた。 […]
  • 20世紀-コロニアの20人2000年1月1日 20世紀-コロニアの20人  日本人の海外発展史にあって、二十世紀はブラジル移住の世紀でもあった。移民前史からのほぼ百年をかけて二十五万人余が移住。扶植された子孫は百四十万人におよび、海外最大の日系集団地を築き上げた。この間、コロニアは各分野に多くのパイオニア、指導者を得て、裾野の広い活動を営んでくる […]
  • 2009年3月6日 国会図書館=ブラジル移民の電子展示開始=百周年とアマゾン80周年記念で=貴重な写真、資料も続々=サイト上で自由に閲覧可 ニッケイ新聞 2009年3月6日付け  国立国会図書館がブラジル日本移民百周年とアマゾン入植八十周年を記念して、サイト内に電子展示会「ブラジル移民の100年」(www.ndl.go.jp/brasil/)を四日に開設した。これほど大規模な移民関連のサイト展示は初めて。イン […]
  • 2013年6月29日 日本移植民の原点探る=レジストロ地方入植百周年 ◇前史編◇ (6)=人口超過と食糧保障から=最初から米作植民地ありき ニッケイ新聞 2013年6月29日  青柳に関する記事の大半は、なぜか《有志による勉強会が開かれ、その成果が「海外植民政策に関する意見書」として1908年に青柳名で桂首相に提出された》という記述から始まる。これは、おそらく本人がペルーやフィリピンでの苦い経験を語らなか […]