ホーム | 文芸 | 連載小説 | 日本の水が飲みたい=広橋勝造 | 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(8)

連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(8)

ニッケイ新聞 2013年9月21日

「ジョージさん、このPEはなんの意味でしょうか?」
「これ、よく見るとPEではなくPRですよ。パラナ州の略号です」
「州を表すのですか」
「ローランジア市はパラナ州のどの辺かなー?」ジョージは、ブラジル全土の業務用地図を持ち出し、会議用の大きな机に広げ、指で指しながら、
「ここが、俺達がいるサンパウロで・・・、ローランジアは・・・、ここです。パラナ州の北部のこのロンドリーナとこのマリンガ市の中間のこの小さな町です。PE記号はこのペルナンブコ州で、二千五百キロ離れています」
「正反対で遠くの州ですね。だから、何度手紙を出しても送り返されたのですね・・・。それで、ブラジルまで行かないと、と思い飛んできたのです」
「そうだったんですか。何とかして、イデさんと連絡をとりましょう。この手紙預かっていいですか?」
 そこに、ジョージよりも実権を握ってきたベテラン女子事務員が二人の様子を伺う魂胆でコーヒーを持ってきた。
「おっ、カヨコサン気が利くなー。この方ナカジマさんだ」
「中嶋です」
 カヨ子さんの望み通り、ジョージは中嶋を紹介した。
 カヨ子さんは中嶋和尚に頭だけを下げ、ポルトガル語で、
「(インテルツールの乗客リストに無かったわね。なのにどうして面倒見ているの?)」
コーヒーを中嶋に勧めながらジョージもポルトガル語で、
「(どうでもいいじゃないか、そんな事!・・・)」
「(別に文句なんか言っていません。ただ、会社の事を考えて聞いているんです)」そう言って、プンとして彼女は出て行った。
その態度に頭をかきながらジョージが、
「イデ・ゼンイツさんをなんとか探しますから、その間、長旅でお疲れでしょうからここで休んでて下さい」そう言って、窓とは反対側の壁に沿って置かれたソファーを勧めた。
「ご迷惑おかけしてすみません」
 中嶋は素直にその座り心地のいいソファーに移り座った。
 ジョージは、今まで無関心であった宗教関係とあって、どこから探し始めていいか分からず、仕方なく喧嘩相手のサンパウロニッケイ新聞の日本人記者に電話する事にした。
【はい! サンパウロニッケイ新聞です】
「フルカワ記者お願いします」
【少々お待ち下さい】待つのが嫌いなジョージは電子音楽を三十秒近く聞かされ、イラついた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(174)=完結2014年6月10日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(174)=完結  それから三年後、ローランジアで黒澤和尚から厳しい密教の指南を受け、印可状(認可証書)を授かった中嶋和尚は、サンパウロの東洋街の東の端に小さな『聖真寺』(架空)を創建、新しい宗派『聖宗』(架空)を開いた。 『ポルケ・シン』食堂を逃げ出し、修行に出た『聖観音』は、誤ってサンパ […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(172)2014年6月6日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(172)  法要が終わった一時間後、境内の施設で、このお寺を紹介した西谷副会長の奥さんと娘さんが田口聖子を偲ぶ茶会を用意していた。「お茶をどうぞ。このお寺の裏庭で摘まれ、住職ご自慢のお茶です」 美味しいお茶の話題が一段落したところで中嶋和尚が、「皆様、今日は田口聖子さん、戒名『聖正堂 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(173)2014年6月7日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(173) 「あの世で井手善一和尚が『日本の水』旅行プランを企画され、たくさんの先駆者の仏が応募しているのをイマジネーションしました。井手善一和尚は仏界でも色々なアイデアで活躍なされているようです」「ええっ!中嶋さん! 本当ですか? その旅行を取材しなくては!」 西谷が、「皆さん、この […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(170)2014年6月4日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(170) 「送電には必ずプラス・マイナスの二本の送電線が必要だそうで、その二本で行き帰りの閉回路と云うループ・サーキットを構成しなくてはならないそうだが、イタイプー発電所からサンパウロ大都市近郊まではたったの一本で送電されているんだ」「もう一本は?」「もう一本は地べた、つまり地球がも […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(171)2014年6月5日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(171) 「皆、日本訪問が叶う事で大喜びしています」それを聞いたジョージが、「また、JANの謎のオーバーブックが増える・・・」《貨物便を利用します》井手善一和尚からジョージに霊交があった。「村山羅衆と小川羅衆は中嶋和尚の助っ人としてこの世に残りたかったようですが、どこに消えたんだろう […]