ホーム | 文芸 | 連載小説 | 日本の水が飲みたい=広橋勝造 | 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(10)

連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(10)

ニッケイ新聞 2013年9月25日

「ふ〜ん、今時めずらしー。しかし、なんであんな所に飾ってあるんだ?」
【買ったはいいが、置き場所がなくてあそこに放置したんだ。ところが意外な事に、それ以来、店が面白いほど繁盛し、前からある七福神と競って店を盛り上げているそうだ。料理はともかく、神ダノミで繁盛する食堂は世界でもあそこしかないだろう】
「なんでシチフクジンと競っているんだ?」
【七福神の中の『大黒天』は食堂の守神で、それと競っているそうだ】
「そんなに幸運をもたらすのなら、有名な仏像だろうな」
【国宝や重要文化財じゃないだろうが、台座の裏には文明元年と記された年代物だそうだ】
「文明元年とは何年前だ?」
【観音像が作られた理由は疫病とかが流行ったからだろうと考えると、例えば、鎌倉時代とか、・・・、と、すると七、八百年前かな】
「そんなに古いジゾウであれば盗品かも知れないな」
【それから、あれはジゾウではなく観音さまだ。それに、オーナーの前田が聖市(サンパウロ)に因んで『聖(ひじり)観音』と命名した】
「ヒジリとサンパウロとどう云う関係があるんだ?」
【サンパウロは漢字で『ひじり』と書く、だから・・・】
「サンパウロ・カンノンにすればいいのに」
【カタカナじゃ観音さまが可哀相じゃないか。しかし、偶然に同じ字で『聖(しょう)観音』と云うのが日本にあるそうだが、前田は強引にそのままにした】
「二世にはカタカナのサンパウロ・カンノンの方が、ピンとくるんだがな」「聖(ひじり)観音の方が、聞こえがいい・・・」
「しかし、そうやって、勝手に新しいカンノンを創っていいのか?」
【前田もちょっと勉強したらしく、彼によれば、観音さまは色々な姿に化身して現れる仏さんだから、もう一つくらい増やしてもいいだろうって言っていた】
「じゃー、食堂に似合ったミソシル・カンノンとかツケモン・カンノンにすればいいのに」
【もっと品のある名前を考えろよ、例えばサシミ観音とか定食観音・・・】
「同じ様なもんだ」
【ジョージからの電話でなにか面白い事件でもあったのかと期待したのに、最近、日系人が絡んだ傷害事件が起きているから、その件かと思った】
「日系人! 犯人は一世か?」

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(174)=完結2014年6月10日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(174)=完結  それから三年後、ローランジアで黒澤和尚から厳しい密教の指南を受け、印可状(認可証書)を授かった中嶋和尚は、サンパウロの東洋街の東の端に小さな『聖真寺』(架空)を創建、新しい宗派『聖宗』(架空)を開いた。 『ポルケ・シン』食堂を逃げ出し、修行に出た『聖観音』は、誤ってサンパ […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(172)2014年6月6日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(172)  法要が終わった一時間後、境内の施設で、このお寺を紹介した西谷副会長の奥さんと娘さんが田口聖子を偲ぶ茶会を用意していた。「お茶をどうぞ。このお寺の裏庭で摘まれ、住職ご自慢のお茶です」 美味しいお茶の話題が一段落したところで中嶋和尚が、「皆様、今日は田口聖子さん、戒名『聖正堂 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(173)2014年6月7日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(173) 「あの世で井手善一和尚が『日本の水』旅行プランを企画され、たくさんの先駆者の仏が応募しているのをイマジネーションしました。井手善一和尚は仏界でも色々なアイデアで活躍なされているようです」「ええっ!中嶋さん! 本当ですか? その旅行を取材しなくては!」 西谷が、「皆さん、この […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(170)2014年6月4日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(170) 「送電には必ずプラス・マイナスの二本の送電線が必要だそうで、その二本で行き帰りの閉回路と云うループ・サーキットを構成しなくてはならないそうだが、イタイプー発電所からサンパウロ大都市近郊まではたったの一本で送電されているんだ」「もう一本は?」「もう一本は地べた、つまり地球がも […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(171)2014年6月5日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(171) 「皆、日本訪問が叶う事で大喜びしています」それを聞いたジョージが、「また、JANの謎のオーバーブックが増える・・・」《貨物便を利用します》井手善一和尚からジョージに霊交があった。「村山羅衆と小川羅衆は中嶋和尚の助っ人としてこの世に残りたかったようですが、どこに消えたんだろう […]