ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年11月2日

 1日夕方から夜にかけて、都市不動産所有税(IPTU)の増税に反対する集団約250人がサンパウロ市パウリスタ大通りを経由して、フェルナンド・ハダジサンパウロ市市長の自宅のある南部ヴィラ・マリアーナまで、抗議行進を行なった。集団は午後6時40分にサンパウロ美術館(MASP)付近から出発し、市長の住むビルの前で行き抗議声明を行なった後、午後9時30分頃に引き返し、約1時間後にMASPで解散した。今回の行進は暴力性が薄く、警察による補導も鉄棒を持った女性ひとりのみ。今後も、穏やかな抗議行動が続くといいが…。
     ◎
 サンパウロ市東部イタイン・パウリスタにある第50警察署の中庭が、自動車などの押収物で溢れ、パトカーを置く場所さえない状態になっているという。そこを占めるのは、90台の自動車、215台のバイク、20台の賭博用のスロットマシーンなど。これらは周辺3つの署の押収物も含まれているという。市警によると現在、公的な駐車場の入札を待っている段階だとのこと。税金から駐車場代を払って置いておくより、押収物をとっとと競売にかけて売り払うことはできないのか?
     ◎
 11月のチリとホンジュラスとのサッカー親善試合に向けてのセレソン召集で、昨日報じたロビーニョの復帰の他に、ウィリアン、マルキーニョスの2人が初選出となった。ウィリアンはここ数年東欧のリーグで注目されてきたミッドフィールダーだが、英国リーグ移籍でようやく認められた。一方マルキーニョスは弱冠19歳のディフェンダーだ。本番まで半年。今さら新人を発掘する時期でもなさそうだが…。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大統領選の投票日直前に急展開=ボウソナロとハダジで決戦へ=サンパウロ市在住 駒形 秀雄2018年10月9日 大統領選の投票日直前に急展開=ボウソナロとハダジで決戦へ=サンパウロ市在住 駒形 秀雄  春にしては寒い10月7日、ブラジル全土で大きな事故もなく、総選挙が行われました。  注目の大統領選挙では強硬派と言われるボウソナロ(PSL党)が5千万近い票を集めて1位、ハダジ(PT党)が3千万票で2位となり、この二人で10月28日の第2次選挙が争われることになりま […]
  • 東西南北2015年9月29日 東西南北  27日夕方、サンパウロ市パウリスタ大通りでデモが起こり、フェルナンド・ハダジサンパウロ市市長を皮肉った人形が登場した。このところ囚人服を着たルーラ前大統領やピノキオの鼻のジウマ大統領など、労働者党(PT)の大物の巨大人形が作られ話題を呼んでいるが、それが遂にハダジ市長にまで及 […]
  • カンデラリア聖母教会2014年6月12日 イトゥー市へ来てください=歴史や特色ある工業都市=奥地探検隊が拓いた町  サンパウロ市から北西に約100キロに位置する閑静な町イトゥー。W杯期間中、日本代表チームがキャンプ地として使用する同市は人口約16万人で、日系人も多いほか、日本企業7社が工場を構えるなど日本とのつながりが深い。また、同市と名前の響きが似ており、観光都市という点でも共通点が […]
  • 東西南北2012年12月20日 東西南北 ニッケイ新聞 2012年12月20日付け […]
  • コラム 樹海2012年10月9日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2012年10月9日付け […]