ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ブラジルを代表する有名な婦人科医から一転、48件の強姦罪で181年の実刑判決を受けたロージェル・アブデルマッシ受刑囚が13日、自宅軟禁から刑務所に戻されることになった。裁判所がこの決断を下したのは、同じサンパウロ州トレメンベーの刑務所にいた受刑囚が出版した手記の記述がきっかけだ。それによると、アブデルマッシ氏は血圧を上げる薬を服用し、健康状態悪化を理由に自宅軟禁を勝ち取ったという。ただでさえ、強姦容疑で自分の名誉を傷つけたというのに、刑務所内でさらに不正行為を働いていたとは。なお、アブデルマッシ氏は今後、サンパウロ市の受刑者用病院への収監が有力視されている。
     ◎
 サンパウロ州で流行中のサランポ(麻疹)は、先週1週間で罹患者が36・4%増え、総数が1319人になった。州保健局によると、患者の75・5%はサンパウロ市在住者で、サントアンドレやグアルーリョス、サンベルナルド・ド・カンポ、サントスがそれに続いているという。一度は消えたと思われていた疾病が再びこれほど流行するとは。サンパウロ大都市圏の15市では16日まで予防接種キャンペーンが行われているが、実施率は27%。期間を延長した方がよいのでは?
     ◎
 しばらくの間、暖かくなっていたサンパウロ市だが、南から来た寒気団に伴い、13日夜に雨が降って以降、また急に寒さが厳しくなってきた。予報だと、今日15日の朝方は最低気温が10度を割り込むところも出てくるとか。ただ、今回の寒冷前線による寒さの影響はそれほど長く続くものではないとか。服を着込んで防寒し、風邪を引かぬよう、気をつけて。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転2021年6月25日 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転  23日、サッカーのコパ・アメリカでブラジル代表(セレソン)対コロンビアの一戦が行われ、後半終盤に試合をひっくり返し、2―1で勝利したセレソンが3連勝を飾った。24日付現地紙が報じている。  リオ市のニウトン・サントス・スタジアムで行われたこの1戦、先制したのはコロン […]
  • 東西南北2021年6月22日 東西南北  20日のサッカーの全国選手権。サンパウロはサントスにボール占有率で勝りながら、0―2で敗戦。5試合終わって3敗2分の18位と苦しんでいる。今季はここまで意外な展開で、上位3チームをアトレチコ・パラナエンセ、フォルタレーザ、ブラガンチーノといった伏兵が占めている。強豪たちもそろ […]
  • 【日本移民の日2021年】歓喜を味わい、過去を振り返る時=ブラジル都道府県人会連合会 会長 市川利雄2021年6月22日 【日本移民の日2021年】歓喜を味わい、過去を振り返る時=ブラジル都道府県人会連合会 会長 市川利雄  ブラジル日本移民113周年記念は歓喜を味わい、過去を振り返る時ではないでしょうか! 「歓喜を味わうとは」――日本移民の経済、農業、園芸、果実、セラード開発、料理、各分野で活躍する有能な人材、さらに、その歴史の継承などはブラジル社会に認められ、高く評価されています。 「振り […]
  • 【日本移民の日2021年】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔2021年6月19日 【日本移民の日2021年】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔  6月18日「日本移民の日」を迎えるにあたり、皆様にご挨拶を申し上げます。1908年に笠戸丸がサントス港に到着してから今年で113年となります。  昨年8月に着任した私にとっては今回が初めての移民の日となります。先日、サンパウロにあるブラジル日本移民史料館を訪問し、レ […]
  • 【日本移民の日2021年】日本移民113周年記念日に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 税田 パウロ 清七2021年6月19日 【日本移民の日2021年】日本移民113周年記念日に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 税田 パウロ 清七  1908年(明治41年)6月18日、笠戸丸に乗った最初の日本移民781人がサントス港に上陸して113年の歳月が流れました。そして今や、ブラジル日系社会は200万人を擁する大きなコミュニティーに発展いたしました。先達の皆様方の幾多のご労苦とご功績に対し、深甚なる感謝の念と敬意を […]