ホーム | 文芸 | 連載小説 | 日本の水が飲みたい=広橋勝造 | 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(49)

連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(49)

ニッケイ新聞 2013年11月26日

 迷彩色の軍服の二人の兵が乗ったジープが先行し、アナジャス軍曹運転の副司令官の車が続いた。半時間ほど舗装された道を快適に走った。
 まだ暗い早朝で、一台の車にも出合わなかった。まるで、この道があの世につながっているような変な錯覚に陥った。
「西谷さん、密林の中にこんな立派な道があるなんて信じられませんね」
「昔は酷い泥道でしたよ。今、渡った橋は覚えています。ポンテ・デ・スストと言う橋で、昔は一台の車がやっと通れる木造の橋でした。あの場所まで来ると、ベレンの街に着いたと安心した所です」
「ポンテ・デ・スストと面白い名前ですね。インディオの名前ですか?」
「いいえ、ポルトガル語で、ポンテとは『橋』の事で、スストは『びっくり』です。合わせて『びっくり橋』と云う意味です」
「ベレンに着いたと安心させた橋が、なぜ『びっくり橋』なんですか?」
「その意味が誰も解らなかったのですが、トメアスに居たころ、あの橋の下で大きな蛇が捕まったのです。それも、インディオもビックリするほど大きな蛇で、いわゆるアナコンダと呼ばれるクラスの大蛇でした」
「それで、びっくり橋と?」
「ええ、それで、名前の意味が分かりました」
「その大蛇は、ビックリさせて、寺門を守る『金剛力士』、つまり、ベレンの町の入口を守る『仁王』だったかも知れませんね」
「おっしゃる通りなんです。大蛇が捕まった後、この近辺で人が豹に襲われましてね。その後、絶対に大蛇を捕えないようになりました」
「(アナジャス軍曹は、今通ったポンテ・デ・スストを知っていますか?)」「(知っています。私が七、八歳のころ、あそこで大きな蛇が捕まり、それで憶えています。その後、小動物が増え、それを狙って豹や狼がはびこって大変だったそうです)」
「(そのころ、私はトメアスにいました)」
「(へえー、あのころトメアスにいたのですか)」
 アナジャス軍曹と西谷はお互いの共通点を見出し、急に親近感を抱いた。
「(父が言っていました。ジャポネス(ジャパニーズ)はなんであんな酷いトメアスの土地を選ぶのか? って)」
「(貴方の父が?)」
「(私の會祖父はこの辺りで初めてブラジル軍隊に入隊したインディオです。それから代々、父も私も軍隊に入りました。その父が言っていました)」
「(貴方の父の言ったことは本当でしたよ。私は三十年前トメアスを捨て、サンパウロに逃げ出てしまいました)」
「(三十年前と云いますと、私がまだ九歳の頃ですね。あの頃、マラリアで妹を亡くしました)」

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 過去の誤りを認めさせるために=サンパウロ市在住 奥原マリオ純(原文ポ語)2018年3月8日 過去の誤りを認めさせるために=サンパウロ市在住 奥原マリオ純(原文ポ語)  本年はブラジルへの日本移民110周年であり、そしてまた世界人権宣言が採択されてから70年の記念の年であります。国際連合は、第2次世界大戦でなされた残虐な行為に鑑みて、1948年12月10日に人権条約の基礎となる宣言を採択しました。  数多くの日系アメリカ人や日系カナ […]
  • ニッケイ俳壇 (852)=星野瞳 選2015年8月20日 ニッケイ俳壇 (852)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎冬日負い軍平胸像顔暗し首ふって歩く他なき時雨牛犬の嗅ぐ物より翔ちし冬の蝶どびろくや転耕とどむ術もなく土深く想思樹の実を植えにけり   セーラドスクリスタイス   桶口玄海児妻掘りし里芋どれも肥えて居し移民妻にある大望や芋の秋移民妻長生 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(174)=完結2014年6月10日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(174)=完結  それから三年後、ローランジアで黒澤和尚から厳しい密教の指南を受け、印可状(認可証書)を授かった中嶋和尚は、サンパウロの東洋街の東の端に小さな『聖真寺』(架空)を創建、新しい宗派『聖宗』(架空)を開いた。 『ポルケ・シン』食堂を逃げ出し、修行に出た『聖観音』は、誤ってサンパ […]
  • 日本でのブラジル音楽普及パイオニア4人(左より坂尾、ニルソン、小野、大島。1984年東京小野リサのアパートにて、写真提供=坂尾)2014年3月22日 日伯音楽交流のパイオニア=ドラマーのラッチーニョ氏逝く ニッケイ新聞 2014年3月22日 日伯音楽交流に最も顕著な活動をしてきたブラジル人ドラマーが、サンパウロ市のマンダキ病院で17日に亡くなった。このニルソン・アルカンタラ・ペレイラ氏は「ラッチーニョ」の芸名で親しまれていた。日本のブラジル音楽評論家の故大島守、元在サンパウロ […]