ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2014年1月11日

 監獄での残虐行為や殺人事件が問題視され、現在話題のマラニョン州だが、その最中、ロゼアナ・サルネイ知事政権は、2014年の公式行事用の食材などの購入に140万レアルをかけようとしていることが判明した。食材購入のための入札は17日に行われるが、その中には70キロ相当の伊勢海老やキャビア、スコッチウィスキー、シャンペンなどが含まれているという。皮肉にも、法務省がマラニョン州に三つ存在する連邦刑務所に2013年に投資した額は平均して約120万レアル。サルネイ一族に庶民の声が届いていないのは、こうした側面でも伺えるか。

     ◎

 住宅サイトagenteimovel.com.brの調べによると、2013年にもっとも地価の上がったサンパウロ市の地域は南部インテルラゴスで、1平米あたりの地価の値上がりが48・60%にも及んでいる。これは、同地にCPTMの駅が2駅できて交通の便が良くなったことと、同地域での住宅建築の場所が稀少になったことによって起こったという。近隣住民によると、「3年前に11万5千レアルだった家が今では28万レアルで売られている」と語っている。

     ◎

 サンパウロ州第42地方裁判所は10日、ブラジルサッカー連盟とスポーツ裁判所に対し、出場停止処分中の選手を出場させた件で勝ち点の減点4を受けたフラメンゴの処分を解除する命令を出した。この処分でフラメンゴは11位から16位に順位が落ちていた。この知らせが、全く同じ理由で4点減点されて2部降格となったポルトゲーザの逆転残留への後押しとなるか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2010年4月27日 東西南北 ニッケイ新聞 2010年4月27日付け […]
  • 2008年12月30日 ニッケイ新聞編集部が選んだ コロニア10大ニュース ニッケイ新聞 2008年12月30日付け  百周年に明け、百周年に暮れた2008年。日本移民百周年と日伯交流年の今年は、1年を通じて両国で約1500の記念行事が実施されるなど、他の周年事業とは比べ物にならない盛り上がりを見せた。1月の開幕行事から、2月のカーニバルでは各地 […]
  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 大統領選の投票日直前に急展開=ボルソナロとハダジで決戦へ=サンパウロ市在住 駒形 秀雄2018年10月9日 大統領選の投票日直前に急展開=ボルソナロとハダジで決戦へ=サンパウロ市在住 駒形 秀雄  春にしては寒い10月7日、ブラジル全土で大きな事故もなく、総選挙が行われました。  注目の大統領選挙では強硬派と言われるボルソナロ(PSL党)が5千万近い票を集めて1位、ハダジ(PT党)が3千万票で2位となり、この二人で10月28日の第2次選挙が争われることになりま […]