ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 12日はブラジルの守護神「聖母アパレシーダの日」だった。例年のごとく、今年もサンパウロ州東部アパレシーダ大聖堂にあるノッサ・セニョーラ像に今年も多くの信者、公式発表によると15万人がつめかけた。今年は特に失業率が高かったことから、身内の再就職が実現することを願う人が多かったという。世の中の空気が暗ければ暗いほど、こうした「神にもすがりたい」タイプの行事には人が集まりやすい。このような必死に願いを賭けたい人が少なくなる状態というのが、本来なら最も理想的なのだが・・・。
     ◎
 13日、ノーベル文学賞をアメリカの伝説的フォーク歌手。ボブ・ディランが受賞した。団塊の世代が世界的に社会に怒っていた頃、彼の歌詞を精神的な支えにした人も少なくない。「ディランの受賞がありなら、彼にもチャンスがあるのでは」とシコ・ブアルキを思い浮かべたブラジル人も少なくないのでは。ブラジルが軍政時代に言葉で巧みに抵抗した名曲を生み、小説、戯曲も多く手がけ、ポルトガル語文学賞のジャブチ賞の受賞者でもある。ブラジル文学界も推薦してみる価値はあるのでは。
     ◎
 12日付本紙でも報じた、サッカーのセレソンのウィリアンの母親、ゼゼーさんが入院先のサンパウロ市の病院で脳腫瘍のために12日に亡くなった。今回のW杯南米予選では見舞いにもかけつけたウィリアンだが、回復の願いはかなわなかった。11日の対ベネズエラ戦で決めた彼のダメ押しのゴールがゼゼーさんに届いていたことを願いたい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月10日 東西南北  今度の月曜日の12日は、ブラジルの守護神「ノッサ・セニョーラ・ダ・アパレシーダ」の祝日となる。毎年、サンパウロ州アパレシーダの聖堂は女神像を拝みに行く人で溢れかえる。だが今年は、コロナ禍があるので行くのを控える人も少なくなさそう。だが、カトリック信者にとっては大事な日であり、 […]
  • なんとか体裁の整ったコパ・アメリカ2019年2月1日 なんとか体裁の整ったコパ・アメリカ  現在、アラブ首長国連邦で開催されているサッカーのAFCアジア・カップ。今回のトーナメントで日本代表は大活躍し、今日1日ブラジリア時間の正午にカタールと優勝をかけて決勝を戦うが、これは南米サッカー界にとっても思わぬうれしい結果となった▼なぜなら、6月に行なわれる、サッカ […]
  • コパ・アメリカ=組み合わせ抽選行われる=セレソンはボリビアと開幕戦2019年1月29日 コパ・アメリカ=組み合わせ抽選行われる=セレソンはボリビアと開幕戦  6月14日に開幕する、サッカー南米選手権(コパ・アメリカ)のグループ・ステージ組み合わせ抽選会が24日夜にリオで行われ、開催国のブラジル代表(セレソン)は、ボリビア、ベネズエラ、ペルーと共にAグループに入ったと25日付ブラジル各紙が報じた。  この大会は、南米サッカ […]
  • 《南米サッカー》チリ開催のU20選手権はスカウトだらけ=「客より多い」と元Jリーガーも語る2019年1月23日 《南米サッカー》チリ開催のU20選手権はスカウトだらけ=「客より多い」と元Jリーガーも語る  17日よりチリで開催されている、U20サッカー南米選手権。南米大陸ナンバーワンの座と、5月に開催されるU20W杯の出場権をかけて、10カ国が争う。  サンパウロFCでプロデビュー、ブラジル国内ではサントスやコリンチャンスでもプレー、その後は日本の柏レイソルや清水エス […]
  • コパ・アメリカに日本出場=「日系移民の日」直前にブラジル戦の可能性も=ブラジル代表チッチ監督、留任かけ本気で挑む2019年1月8日 コパ・アメリカに日本出場=「日系移民の日」直前にブラジル戦の可能性も=ブラジル代表チッチ監督、留任かけ本気で挑む 100年以上の歴史を持つコパ・アメリカ  6月14日から7月7日にかけて、ブラジル各地を舞台にサッカー南米選手権(コパ・アメリカ)が開催される。昨年5月、南米サッカー連盟(Conmebol、以下「南米連盟」)は「2019年のコパ・アメリカには、日本とカタールが招待され […]