ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 24日は、ある種の異様な興奮に包まれていた。現地紙はいずれの新聞も一昨日のルーラ氏の抗議集会と同じ写真を表紙に使用し、国民の多くが朝からテレビとネットに釘付けになり、ルーラ氏の第4連邦地域裁での裁判を、固唾を飲んで見守っていた。近年で似た状況になった日と言えば、16年4月17日のジウマ前大統領の下院での罷免投票があった。だがルーラ氏の方が労働者党(PT)の親玉であり、注目度は今回の方が俄然高い。ただ、ルーラ氏の大統領選出馬の是非が決まるのは、まだだいぶ先。そこまで当分このゴタゴタが続きそうだ。
     ◎
 ルーラ氏と言えば、世界中の有名人に知り合いが多い。その中のひとり、アルゼンチンの伝説的なサッカー選手、マラドーナは23日、「LULA」と書かれたセレソンのユニフォームを掲げた写真を掲載した。そこに書いてあった背番号は、選挙年である今年を示す「18」。つまり今年の大統領選出馬を望む、ということらしい。マラドーナは生粋の左翼で有名、ベネズエラ政界とも懇意だ。こうした動きを示しそうな世界の有名人がまだ出てきそう。
     ◎
 ルーラ氏の話題一色で忘れられそうだが、本日25日は市制記念日のためサンパウロ市は祝日。人気者のアニッタをメインにした毎年恒例のヴァーレ・ド・アニャンガバウーでのコンサートをはじめ行事は盛り沢山なのだが、果たして無事に開催されるかも気になるところ。特に両側のマニフェスタソンが起きそうなパウリスタ大通りあたり…。ルーラ氏と敵対するドリア・サンパウロ市長、アウキミン・サンパウロ州知事だけに心配だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ざっくばらんに行こう!=ブラジル社会面座談会=ムリやり先読み!=政治リアリティショー=「首都スキャンダル劇場」2017年1月1日 ざっくばらんに行こう!=ブラジル社会面座談会=ムリやり先読み!=政治リアリティショー=「首都スキャンダル劇場」 リオ五輪後の〃大掃除〃 【深沢】さあ、久しぶりに『ざっくばらんに行こう』座談会です。 […]
  • 再選を祝うジウマ大統領とルーラ元大統領(Foto: Ricardo Stuckert/Instituto Lula)2015年1月7日 政権交代はなぜ起きなかったか=なりふり構わぬ選挙攻勢=反ジウマ派の勢いの限界  13年6月のコンフェデ杯時に世界を驚かせた全国的なマニフェスタソン、景気停滞、そして連立与党が絡んでのペトロブラス超大型汚職…。ここまでのマイナス要因がありながらも、労働者党(PT)のジウマ政権は選挙で再び選ばれ、継続することを決めた。特に13年の抗議行動に強烈な印象を持 […]
  • 東西南北2016年3月5日 東西南北  4日に起きたラヴァ・ジャット作戦でのルーラ前大統領の強制連行と取調べは伯国を大きく揺るがし、世界的にも報道された。近隣のアルゼンチンやウルグアイ、ベネズエラなどでサイトのトップ扱いで報道されたのをはじめ、ラ米以外の国でも、ニューヨーク・タイムスが国際面トップで報道するなど、多 […]
  • 東西南北2013年7月31日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年7月2日  ダッタフォーリャの調査によると、ハダジ聖市市長とアウキミン聖州知事の支持率がどちらも下がったが、「悪い/最悪」との評価が40%にまで至ったハダジ氏とは対照的に、アウキミン氏の否定的評価は20%にとどまった。さらに来年10月の聖州知事選に関する […]
  • 東西南北2014年8月1日 東西南北  イボッピ(IBOPE)による最新の知事選調査の結果が7月30日に発表された。聖州ではジェラルド・アウキミン知事が50%の支持率を得、パウロ・スカッフィ氏が11%で続いた。PT候補の前保健相アレッシャンドレ・パジーリャ氏は5%だった。白票は15%、「わからない」は14%で、 […]