ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 24日は、ある種の異様な興奮に包まれていた。現地紙はいずれの新聞も一昨日のルーラ氏の抗議集会と同じ写真を表紙に使用し、国民の多くが朝からテレビとネットに釘付けになり、ルーラ氏の第4連邦地域裁での裁判を、固唾を飲んで見守っていた。近年で似た状況になった日と言えば、16年4月17日のジウマ前大統領の下院での罷免投票があった。だがルーラ氏の方が労働者党(PT)の親玉であり、注目度は今回の方が俄然高い。ただ、ルーラ氏の大統領選出馬の是非が決まるのは、まだだいぶ先。そこまで当分このゴタゴタが続きそうだ。
     ◎
 ルーラ氏と言えば、世界中の有名人に知り合いが多い。その中のひとり、アルゼンチンの伝説的なサッカー選手、マラドーナは23日、「LULA」と書かれたセレソンのユニフォームを掲げた写真を掲載した。そこに書いてあった背番号は、選挙年である今年を示す「18」。つまり今年の大統領選出馬を望む、ということらしい。マラドーナは生粋の左翼で有名、ベネズエラ政界とも懇意だ。こうした動きを示しそうな世界の有名人がまだ出てきそう。
     ◎
 ルーラ氏の話題一色で忘れられそうだが、本日25日は市制記念日のためサンパウロ市は祝日。人気者のアニッタをメインにした毎年恒例のヴァーレ・ド・アニャンガバウーでのコンサートをはじめ行事は盛り沢山なのだが、果たして無事に開催されるかも気になるところ。特に両側のマニフェスタソンが起きそうなパウリスタ大通りあたり…。ルーラ氏と敵対するドリア・サンパウロ市長、アウキミン・サンパウロ州知事だけに心配だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ざっくばらんに行こう!=ブラジル社会面座談会=ムリやり先読み!=政治リアリティショー=「首都スキャンダル劇場」2017年1月1日 ざっくばらんに行こう!=ブラジル社会面座談会=ムリやり先読み!=政治リアリティショー=「首都スキャンダル劇場」 リオ五輪後の〃大掃除〃 【深沢】さあ、久しぶりに『ざっくばらんに行こう』座談会です。 […]
  • 東西南北2018年10月16日 東西南北  民主社会党(PSDB)の重鎮、カルドーゾ元大統領は、14日付のフォーリャ紙の取材で、ジャイール・ボルソナロ氏に関して、「私の嫌いな要素が全部詰まっているような男だ」として、大統領選決選投票での支持を全面否定した。カルドーゾ氏は軍政時代に国外逃亡を経験するなど、「民主政治のため […]
  • 東西南北2018年9月4日 東西南北  1日から本格的に大統領選の政見放送がはじまり、世間の注目を集めはじめた。強烈なインパクトを残したのは、結局、ルーラ氏を使った放送が出てしまった労働者党(PT)のものだが、いざ放送がはじまってしまうとやはり、持ち時間で印象がだいぶ違う。時間が長いアウキミン氏やメイレレス氏はやは […]
  • 東西南北2018年5月22日 東西南北  バス専用道を作るなどして、悪名高い市内の交通渋滞緩和を試みてきたサンパウロ市だが、ラッシュ時になると途端に動けなくなるバスは今も少なくない。21日付アゴラ紙は、「最も遅いバスの路線」ワースト10を午前と午後に分けて発表しているが、いずれも時速わずか10キロ前後とかなり遅い。午 […]
  • 東西南北2018年4月25日 東西南北  ダッタフォーリャが行った調査によると、ルーラ元大統領が逮捕された現在においても、労働者党(PT)が国民に最も人気のある政党で、支持率が20%あることがわかったという。PTは1999年以来、国内で最も支持されている政党だ。ジウマ前大統領の罷免騒動の際はその人気が9%に落ち込んで […]