ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2014年1月23日

 国立気象観測所(Inmet)のデータによれば、この夏、記録的な猛暑が続くサンパウロ市では、1月初めの20日間の平均気温が31・3度で、1956年の30・9度を0・4度上回り、1943年の観測開始以来最高に達したと22日付フォーリャ紙が報じた。今年もっとも気温が高かったのは1月3日で35・4度、同所の観測史上9番目に高い気温だった。サンパウロ市の21日の最高気温は32・3度と厳しい暑さで、海からの風の影響で一時的に強い雨が降り、市北部、東部、南部、中心部では浸水の危険性に見舞われた。この暑さは今月いっぱいまで続くもよう。体調管理にご注意を。

     ◎

 21日12時30分頃、マルジナル・ド・チエテのサンパウロ市北部のジュリオ・デ・メスキータ・ネット橋付近でマニフェスタソンが起きた。20日に起きた16歳の少年のバイクでの交通事故死の原因を、住人が軍警の車が道を塞いだからと騒いだ。それに対応した軍警の白シャツに青い半ズボンという、夏用の「クールビズ」姿がそれ以上の話題を呼んだ。軍警によると「暑さのためではなく、迅速性を求めたからだ」というが、この格好には反抗者も拍子抜けしたのでは。

     ◎

 20日、フェルナンド・ハダジサンパウロ市市長は、国際サッカー連盟のジェローム・ヴァルケ事務局長宛に、W杯期間中のバスの値段を無料にせず通常どおり3レアルで運営することを通達した。無料にする案はFIFA側が求めていたものだった。ハダジ市長としては市の財政を考えてのことだろうが、〃魔の6月〃だけにマニフェスタソンは大丈夫か。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2014年4月26日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年4月26日  24日、パラナ州クリチバの路上で、38歳の男性警察官が、23歳の恋人と激しく口論し、恋人を車から引き摺り出したのちに手錠をかけ、4発の銃弾を浴びせて死亡させた。また、警官自身も自分のあご骨に銃を当てて発砲し自殺を図ったが、病院に運ばれ、一命 […]
  • W杯=イタケロン周辺で露店禁止=サンパウロ市が条例施行2014年4月12日 W杯=イタケロン周辺で露店禁止=サンパウロ市が条例施行 ニッケイ新聞 2014年4月12日  ブラジルではイベント時、会場周辺で露店商人のお店がずらりと並ぶ光景がよく見られる。6月12日のW杯開幕までほぼ2カ月となった10日、サンパウロ市は、開幕試合が行われるイタケロン・スタジアムの周辺の路上とセントロの一部で、同スタジアムでW杯の […]
  • セン・テット=デモ行進でハダジが翻意=Nパレスチナに大衆住宅=水源環境破壊危ぶむ声も2014年3月28日 セン・テット=デモ行進でハダジが翻意=Nパレスチナに大衆住宅=水源環境破壊危ぶむ声も ニッケイ新聞 2014年3月28日 26日午前、「セン・テット」としても知られるホームレス労働者運動(MTST)が、サンパウロ市の三つの主要道の交通を遮断する大規模なデモ行進を行なった。これを受け、フェルナンド・ハダジ市長はサンパウロ市市議会に総合開発法案(プラノ・ジレトール […]
  • 東西南北2013年12月18日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年12月18日  バス専用レーンでのタクシー運行を禁止しようとするサンパウロ市に対し、同市のタクシー運転手たちが16日、5月23日大通りなどに多くのタクシーを止めて通行止めにするなどの抗議活動を朝6時から午後2時30分にかけて行なった。現状ではまだ、乗客を […]
  • 東西南北2013年10月24日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年10月24日  ハダジサンパウロ市市長が南部パライゾの自宅から市庁舎のあるセントロまで、バス通勤するのは珍しいことではなくなりつつある。バスレーン設置のことで市民からほめられることの多い市長だが、22日午前の通勤では、市民の不満を受ける場面も見られた。あ […]