ホーム | 日系社会ニュース | 世界のコシノ「和食はアート」=矢柳氏との二人展も開幕

世界のコシノ「和食はアート」=矢柳氏との二人展も開幕

ニッケイ新聞 2014年1月25日
乾杯するコシノさんと矢柳さん

乾杯するコシノさんと矢柳さん

【既報関連】世界的ファッション・デザイナーのコシノジュンコさんが、現代美術家の矢柳剛さんと南米初の二人展『オーパ!陽気な黙示録』(17日付詳報)を開くため来伯し、21日、展示会に先立ち総領事公邸で和食文化紹介イベントを行った。日系団体代表者、共催企業の役員およびファッション・グルメ関係者など約110人が出席した。

コシノさん(74、大阪)は日本食をアートと捉え、ファッションショーの折に食のイベントを開いてきた。「日本語では『美しい味』と書いて『おいしい』と読む。まず目で見て食べるという深い意味がある。今日は花も一体になって料理を生けました」と挨拶。自らがデザインした漆塗りの入れ子十段の重箱に、日本食店「藍染」の小池信シェフが盛り付けを担当した。

生け花のように漆器に〃生けられた〃料理の数々

生け花のように漆器に〃生けられた〃料理の数々

だんじり祭りの里、大阪府岸和田市生まれで祭りが大好き。カーニバルに憧れ、浅草カーニバルの審査員長を10年間もつとめた。そんな彼女へのプレゼントとして、サンバ学校『アギア・デ・オウロ』が登場。サンビスタに囲まれたコシノさんは、アマゾン柄の浴衣で嬉しそうにステップを踏んだ。

今回の来伯を機に、日伯両国の友好を目指して「かたつむりアート」も実施。東日本大震災の被災地や在日ブラジル人学校の子どもたちが参加し、矢柳氏がデザインしたかたつむり型画用紙に自由に絵を描いた。5千枚中、3千枚が展示会会場に展示されている。

コシノさんは、「今回一番感動したのは、かたつむりアート。ブラジル出身の子の使う色は、日本の子と違う。色の無邪気さ、強烈さを羨ましいと思った」と話した。

57年から当地で3年間絵と考古学を学んだ矢柳さん(80、北海道)は、「大自然のすごさに引かれ、絶対にブラジルに行きたいという情熱があった」と当時を回顧。「ブラジルでの経験が、今の私の絵の色彩学の基。30年ぶりに来たが、表現方法が自由な街の落書きがすばらしい!」と絶賛していた。

なお、当日の様子はNHKでも放映された。

展示会は、23日~3月16日(午前11時~午後8時、月曜休館)まで、大竹富江インスティチュート(Av. Faria Lima, 201, Pinheiros)で開催中。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • デザイナー 世界のコシノ=矢柳氏と南米初の合同展=23日に開幕2014年1月17日 デザイナー 世界のコシノ=矢柳氏と南米初の合同展=23日に開幕 ニッケイ新聞 2014年1月17日 世界的ファッション・デザイナーのコシノジュンコさんと現代美術家の矢柳剛さんが、南米初の合同展『オーパ!陽気な黙示録』を開く。期間は23日~3月16日(午前11時~午後8時、月曜休館)、場所は聖市の大竹富江インスティチュート(Av. Fari […]
  • かたつむりアートを制作中の子どもたちと、完成品を見せるボルゲスさん。2014年3月13日 コシノジュンコ企画=日伯児童がアート交流展=被災者への追悼を込め ニッケイ新聞 2014年3月13日 大竹富江インスティチュートで矢柳剛氏との合同展『Opa! 陽気な黙示録』を開催中のデザイナー、コシノ・ジュンコさんプロデュースによる日伯交流企画「かたつむりアート」が7日、同施設で実施された。 「かたつむりアート」とは、芸術家の矢柳さんが […]
  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • 石川剛(ホーニー)さんの選挙ポスター2014年1月23日 日系人が初の市議選出馬=二世 石川剛(ホーニー)さんに聞く=三重県津市、26日投開票 ニッケイ新聞 2014年1月23日 今月26日に投開票がある三重県津市市議会選に、聖市生まれの日系二世、石川剛ホーニーさん(40)が立候補した。日本の市議選挙に日系人が出馬するのは初と見られる。19日に告示がされ、わずか一週間ばかりの選挙戦となるが、立候補に至った経緯や思い […]
  • 「空手を通じた日伯交流を」=ハリウッド俳優、小山田さん2018年12月27日 「空手を通じた日伯交流を」=ハリウッド俳優、小山田さん  ハリウッド映画『ラストサムライ』で準主演・信忠役を演じ、慈善活動にも熱心な邦人俳優の小山田真さん(こやまだしん、36、岡山県)が、20~24日にかけて来聖した。米国ロサンゼルス在住で、今回は当地における社会貢献活動展開の可能性を模索するために訪れた。  小山田さんは […]