ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年2月18日

 レシフェにはすでに日本のテレビ局員4人が訪れ、文協は通訳等の依頼を受けたとか。伊与田会長は「日本語学校の先生を手配するが人員不足。サポーターにまで対応できるだろうか」。「日本からは六つほどのテレビ局が、10~15人を組織して訪れるだろう」と予測したが、テレビ局以外も含めたら、マスコミ関係者だけでも、総勢100人程度だろうか。何千人ともいわれる日本代表応援団の往来に苦慮するのも無理はない。

     ◎

 サンパウロ市がW杯開催に向けて、国外から来る観光客のために、英国のタウンガイド雑誌と協力し多言語で街のガイドブックを制作した。「日本語/英語」のほか、イタリア語等4言語がある。街の情報からはじまり、「サンパウロ48時間」と題した、市内を2日間でまわるモデルコースは、短期間で来伯する人には参考になる案内だ。在伯日本領事館などで入手できるそうだが、以下サイトでも見られる。issuu.com/timeoutbrazil/docs/guia_sp_copa_do_mundo_2014_jp-en

     ◎

 日本語教科書のロングセラー『みんなの日本語 初級』(スリーエーネットワーク編著)の第2版が刊行された。基本文型を身につけ、聞く、話すを中心に学べる総合教材。古くなった語彙が新しい語彙に差し替わり、イラストを使った練習が増えた。「問題・会話」の音声の入ったCD付と、副教材も充実している。ブラジル日本語センター(11・5579・6513)で販売中。一般価格175レアル、会員価格120レ。漫画やアニメに感心を持ち始めた孫やひ孫へのプレゼントにいいかも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 大耳小耳2013年10月31日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年10月31日  多くの子どもたち含む日系人らと交流を行った魁聖関。元気とパワーを貰えたのか、翌日の『浜松出世場所』では白鵬関、日馬富士関の両横綱のほか、遠藤関や豊真将関、玉飛鳥関ら有名力士も参加する中、魁聖関も見事に勝利を飾った。11月場所への弾みとなる […]
  • 大耳小耳2016年9月22日 大耳小耳  サッカーブラジル代表のネイマールが先週、自身の公式ツイッターで話題となっている「金メダルヘア(髪型)」の写真を投稿した。隣にはスペインリーグ・バルセロナの同僚で、同じく金髪のリオネル・メッシ、コメントには「Saiyajin(サイヤ人)」の文字が。漫画ドラゴンボールで、金髪姿に […]
  • 大耳小耳2014年7月15日 大耳小耳  サンパウロ日本人学校から各日系団体への寄付が行なわれた際、PTA9人に邦字紙読者がいるか尋ねてみた。結果、購読者はわずか1人、ネットで愛読しているという人も2人だけだった。日系社会と何かしらの関わりを持っているのは、親子で陸上クラブに通っているという1人のみ。駐在員家族の […]
  • 大耳小耳2013年10月18日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年10月18日  亜国の選手が「影響力大」とすすめた漫画『ヒカルの碁』は、10年以上前に週刊少年ジャンプに連載された囲碁漫画だ。それまでの「お年寄りの娯楽」というイメージを吹き飛ばし、日本で幼稚園児から高校生にいたるまで囲碁ブームを巻き起こした。今ではその […]