ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2014年2月26日

 金曜から聖市でカーニバルが始まる。90年代半ばまでは町の辻々にラジオをかけっ放しの店があり、道を歩いているだけでサンバ学校の人気曲が耳に残って、いつの間にかサビを覚えていた。本番1カ月前になるとテレビもカーニバル一色となり、一気に雰囲気を盛り上げていた▼90年代後半以降、特にBRICsと呼ばれ始めた頃からラジオを聞く機会が減り、テレビがカーニバルを扱う頻度が減った印象がある。古いサンバ学校ほど伝統や集団規律を参加者に求める傾向があり、豊かな中で育った青年はそれを古臭いと感じ、パゴッジやファンキ、外来のロック等の開放的な音楽に嗜好を変えた▼年初にショッピングセンターへファンキ愛好青年ら数千人が突然集うロレジーニョが話題となったが、かつてならサンバ学校が吸収していた青年層だ。サンバ人気の凋落と経済繁栄は反比例している気がする▼53年にリオで流行ったマルシャ(行進曲)には「早朝4時にゼ・マリアはお弁当をもって家を出て、列車の扉の外にぶら下がって町まで出る」という貧民窟住民の出勤風景を風刺的に描いた一節がある。それから61年も過ぎたが、通勤列車は同じように混雑している▼特に軍政時代は抗議行動が難しく、カーニバルで揶揄するという文化的な表現手段がとられた。かつてはマルシャでユーモラスに批判したが、表現が自由な現在はむしろ「W杯反対」などの直接的標語を掲げて抗議〃パレード〃をし、ブラック・ブロックはロックのように暴力的で、当地らしさがなくなった。グローバル時代ゆえに仕方ないのだろうが、最近の大衆表現の有り様はどこか味気ない。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2014年1月23日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年1月23日  いままでなかったのが不思議だが、観光雑誌『るるぶ』のブラジル・アルゼンチン版(JTBパブリッシング、税別1500円)が今月発行された。ブラジル編では、イグアスの滝、レンソンイス(マラニョン州)、アマゾンに詳しく触れ、リオとサンパウロ、サル […]
  • 樹海2014年6月14日 樹海  日韓、ドイツ、南アフリカ、そして今回。ブラジルで4回目のW杯を迎えるコラム子だが、あまりサッカー自体には関心がない。ただ、開幕が近づくにつれ、市民が浮き足立つことで生まれる独特の高揚感は大好きだ。カーニバルが近づくにつれて変わってゆく雰囲気とはまた違う、国威発揚的なイメー […]
  • スト対応に新しい兆し2014年6月11日 スト対応に新しい兆し  〃グレービ(スト)のカーニバル〃に新しい兆しか――。W杯を目前に控え、毎週毎週、新しい職種がストにはいる異常な状況だ。その中でメトロ従業員組合ストに対し、聖州知事(PSDB)が一歩も引かない断固とした姿勢で臨んでいるのは新しい兆しを感じる▼調子に乗ったメトロ組合は司法判断 […]
  • 組合過激派の危険な兆候2014年5月23日 組合過激派の危険な兆候  選挙の年でW杯直前である今を〃ゴネ時〃とみた組合の一部過激派が造反を始め、管理が利かなくなりつつある。とても危険な兆候だ。例えば20、21日に聖市市民を大混乱に陥れたバス運転手と車掌のストは、組合でなく、一部過激派がやった▼従業員組合はすでに企業主らと給与10%増で合意済 […]
  • コラム 樹海2013年12月18日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年12月18日  来年は3月がカーニバル、6月がW杯、10月が大統領選挙——と大イベントが集中しており、息つく間もなく、アッという間に一年が過ぎさるだろう▼カーニバルでは地元開催W杯への期待を、お祭り気分で盛り上げるに違いない。W杯でセレソンが勝てば、今ま […]