ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2014年3月29日

 27日夜、パウリスタ大通りでサッカーW杯開催に反対するマニフェスタソンが起こった。約1千人の参加者はコンソラソン通り付近からパライゾ方面に向けて行進をはじめ、ブリガデイロ・ルイス・アントニオ大通りまで歩いた。参加者たちは「FIFAよ、出て行け」の旗を振り回しての行進となったが、これに伴う大きな混乱は特になく、伯字紙には「エスヴァジアード(閑散)」と称された。リオや南大河州ポルト・アレグレでも同様のマニフェスタソンが同時期に起きたが、そちらは50人の参加で終わったという。昨年の6月の熱気はしらけたままで本番に向かうか。

     ◎

 最近、サンパウロ市地下鉄や都電(CPTM)での痴漢の増加が問題視されている。先日まで、今年に入り25人が逮捕されたとの報道があったが、それはさらに2人増えて27人となった。新たに増えた2人のうち1人はトラヴェスチ(女装者)で、25日に地下鉄1号線セー駅での電車車両内で男性の股間部分に触ったところ、通報されて捕まった。そのトラヴェスチは犯行時、男性の格好をしていたという。男性諸氏も電車に乗るときは気をつけて。

     ◎

 27日のサンパウロ州選手権準々決勝で、パルメイラスは対ブラガンチーノ戦を、度重なるラフプレーを受けながらも2―0で勝利し、準決勝に駒を進めた。この結果、30日に行われる準決勝の組み合わせは、サントス対ペナポレンセ、パルメイラス対イトゥアーノとなった。この準決勝の勝者は、6日と13日に2試合制で行なわれる決勝戦に進むことになる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2014年1月21日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年1月21日  本紙でも連日報じている、ショッピングでの不法ファンキ・イベント「ロレジーニョ」に関連した被害が先週末、サンパウロ市、そしてリオの高級ショッピングに及んだ。サンパウロ市西部のショッピングJKイグアテミは18日、ロレジーニョ開催を求めて抗議す […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 「ネイマール2世」ロドリゴ(17)=リベルタドーレス杯に続き、全国選手権開幕戦でもゴール!2018年4月17日 「ネイマール2世」ロドリゴ(17)=リベルタドーレス杯に続き、全国選手権開幕戦でもゴール!  ブラジルの国内リーグ戦、全国選手権(ブラジレイロン)が14日に開幕した。開幕ゲーム、サントス対セアラー戦で、注目の大型新人、FWロドリゴ(17・サントス)が先発し1ゴールを決める活躍で、大きな話題を呼んでいる。 […]
  • 東西南北2018年3月13日 東西南北  サッカーのサンパウロ州選手権は11日の第12節をもってグループ・リーグを終了した。その結果、コリンチャンス、サンパウロ、パルメイラス、サントスのサンパウロ州4強は、A、B、C、D各々のグループをいずれもトップで通過し、決勝トーナメントに進出した。まだ日程、会場などは決まってい […]
  • カンデラリア聖母教会2014年6月12日 イトゥー市へ来てください=歴史や特色ある工業都市=奥地探検隊が拓いた町  サンパウロ市から北西に約100キロに位置する閑静な町イトゥー。W杯期間中、日本代表チームがキャンプ地として使用する同市は人口約16万人で、日系人も多いほか、日本企業7社が工場を構えるなど日本とのつながりが深い。また、同市と名前の響きが似ており、観光都市という点でも共通点が […]