ホーム | 日系社会ニュース | アジア最大食品展示会=「Foodex」開催=ブラジル企業も多数出展=豚肉、アサイーなどPR

アジア最大食品展示会=「Foodex」開催=ブラジル企業も多数出展=豚肉、アサイーなどPR

ニッケイ新聞 2014年4月5日

世界各国・地域から2600社が出展するアジア最大級の食品・飲料専門展示会『第39回FOODEX JAPAN 2014』が今月4~7日、千葉県千葉市の幕張メッセで開催され、ブラジルからも65社・団体がパビリオンに軒を並べた。

食業界のビジネス活性化を目的に1976年より毎年開催されており、約7万5千人が来場する。「味覚の王国」と名付けられたブラジル・パビリオンはW杯を控えて規模も大きく、日本初上陸の商品も登場。

昨年初頭に輸入が始まったサンタカタリーナ産の豚肉をはじめ、鶏肉、加工食品、スイーツ、ワイン、クラフトビール、プロポリス、コーヒーや、近年日本で注目を浴びているアサイー関連商品も多数出品された。

ボンペックス・ジャパン社は、ミナスジェライス州ベロオリゾンチに本社を置くグローバル・ベヴィ社(Global Bev)が生産するジュース「AMAZOO アサイー」を紹介。当地では2012年、総合格闘家のアンデウソン・シウバが先住民族カマユラ族の里を訪ね、地元戦士と格闘する宣伝映像を制作して話題になった商品だ。750mlパック中に千粒以上ものアサイーが入った濃厚さが売りで、日本では、すでにイオンなどで流通しているという。

(Mega Brasil取材)

 

SANJOも初出展=好評価なるも競争厳しく

日系社会が誇るワインメーカー、SANJO(サンジョアキン農業協同組合)も、日本進出への第一歩として初参加。ブラジル・パビリオンで「Maestrale Integrus」やスパークリングワイン「Nobrese Bruto」など自信の商品7種を出展し、感触を探った。

今回直接ビジネスに結びつくことはなかったが、平延渉販売補佐は「味への評価は良かった。ブラジル産で珍しがられたし、日系人が作ったということでも関心を持ってくれた」と好評価を喜んでいる。

「日本で売っていたら買いたい」という声もあったため、今回の出展で得た人間関係をビジネス提携につなげたい考えだ。目下、輸入会社と交渉を進めており、話がまとまれば日本のレストランに商品が流通する可能性があるという。

しかし、輸出すると値段が3倍程度に跳ね上がるのも悩みの種だ。「他国から何百というワインが来ているので競争は厳しい。ブラジルの特色を出さない限り、客はよってくれない」と状況は厳しいながらも、「W杯が終わっても五輪があるので、来年もチャンスがあれば参加したい」と地道にアプローチする姿勢を見せている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 乾杯するジーノ氏(左から2番目)と磯崎氏(右から3番目)2014年5月20日 キリンビール=「一番搾り」南米初生産=ブラジル全土で販売開始  キリンホールディングスが2011年に買収した子会社「ブラジル・キリン」を通し、主力商品「キリン一番搾り生ビール」(KIRIN ICHIBAN、355 […]
  • 「マスター・シェフ」が最終回=ブラジルで空前の料理番組ブーム2015年9月16日 「マスター・シェフ」が最終回=ブラジルで空前の料理番組ブーム  現在、思わぬ番組がブラジルのテレビでブームを呼んでいる。それが「マスター・シェフ」(バンデイランテス局)だ。これは「未来の有名シェフ」を目指して集まった料理人たちが腕を競って毎週戦いあう番組で、この番組の最新シーズンが15日夜22時30分放送開始分で最終回を迎える。 ここ最近 […]
  • イタリア料理店の成功に倣って2015年8月20日 イタリア料理店の成功に倣って  日本とは地理的に離れていながら絶大な人気を誇る料理といえば、イタリア料理だろう。全国津々浦々に専門店が偏在し、しかも大半が日本人経営だ。飲食店総数41万超に比してその数は約9千と必ずしも多くはないが、家庭料理にまで浸透し、本国からも高い質的評価を受けているというから驚く▼一方 […]
  • 新鮮な牡蠣が最高。味噌の配合も絶妙2014年7月25日 冬に美味しい味噌仕立ての「カキの土手鍋」『伴』  ヒュ―――ッ。というのは、W杯での代表チームの惨敗で、ブラジル国民の心に忍び込んだ〃寒気〃の音。それに共鳴してか、閉幕とともにサンパウロ市にも恒例の〃南極おろし〃が吹き込んできた。ブルブルブルッ。こんな季節にはやっぱり「ほっこり温まりた~い!」というわけで、ぐるめ隊はリベ […]
  • ビラード・ア・アパウリスタのようなバンデハ・パイサ2014年6月20日 W杯特集「戦うにはまず敵を知れ!」 コロンビア料理『Guanahani』  25日にクイアバで対戦するのは、南米予選を2位で突破し4大会ぶりのW杯出場となる強敵コロンビア。この試合で決勝リーグ進出かどうかを決める、天下分け目の一戦になる可能性が高い相手だ。 人口・経済ともに堂々南米3位、有数のコーヒー産地でもあるが、内戦、コカイン、殺人…など危険 […]