ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2014年4月8日

6日に行なわれたサッカーサンパウロ州選手権決勝第1戦のサントス対イトゥアーノ戦は、クリスチアンのあげた1点を最後まで守りきったイトゥアーノが勝利し、優勝に王手をかけた。これでイトゥアーノは予選でのサンパウロ、準決勝のパルメイラスについでまたも大金星をあげた。サンパウロ州選手権の醍醐味のひとつは、イトゥアーノのような全国選手権での下位チームが活躍した際、そのチームの主力が「サンパウロ州4強」からスカウトを受け出世することにもあるが、この調子だと、選手権後、イトゥアーノからかなり多くの選手が巣立ちそうだ。決勝第2戦は13日にパカエンブー・スタジアムで行われる。

5日と6日に、サンパウロ市を代表するロック・フェスティバル、「ロラパルーザ」が行なわれ、2日間で15万人の動員を記録した。今年は、昨年までの西部のジョッキー・クラブから、南部インテルラゴス・サーキットに会場を移して行なわれたが、前会場であった「公演中に近くの別のステージからの音が聞こえる」との不満への解消に答えるべく、今回はそれぞれのステージを離した。だが、今度は離し過ぎて、観客がステージ間を行き来するのに何キロも歩く羽目に。なかなかバランスよく行かないものだ。

5日と6日は残暑が厳しく、サンパウロ市での日中の最高気温が30度を超えた上、降雨もなかった。その間にカンタレイラ水系の水位は遂に13%を割って、12・9%にまで落ちた。さらに乾季に入って来た影響で、7日14時現在の湿度は22%まで下がった。同水系の枯渇の時期を一気に早めそうで心配だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2014年3月29日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年3月29日  27日夜、パウリスタ大通りでサッカーW杯開催に反対するマニフェスタソンが起こった。約1千人の参加者はコンソラソン通り付近からパライゾ方面に向けて行進をはじめ、ブリガデイロ・ルイス・アントニオ大通りまで歩いた。参加者たちは「FIFAよ、出て […]
  • 東西南北2017年2月14日 東西南北  本面で報じているように、ジョアン・ドリア・サンパウロ市市長は高い人気で最初の1カ月を終えた。やはり「企業家」ゆえ、仕事のペースが速く、人々へのアピールも普通の政治家よりうまいのか。同氏は既にトレードマーク化した清掃着も「4年間着続ける」と宣言しているが、果たして有言実行できる […]
  • 「ネイマール2世」ロドリゴ(17)=リベルタドーレス杯に続き、全国選手権開幕戦でもゴール!2018年4月17日 「ネイマール2世」ロドリゴ(17)=リベルタドーレス杯に続き、全国選手権開幕戦でもゴール!  ブラジルの国内リーグ戦、全国選手権(ブラジレイロン)が14日に開幕した。開幕ゲーム、サントス対セアラー戦で、注目の大型新人、FWロドリゴ(17・サントス)が先発し1ゴールを決める活躍で、大きな話題を呼んでいる。 […]
  • サンパウロ州選手権本日開幕け=復権はなるか、伝統の4強2015年1月31日 サンパウロ州選手権本日開幕け=復権はなるか、伝統の4強  本日、2015年のブラジルサッカーシーズンの幕開け、各州選手権が開幕する。 サンパウロ州選手権1部セリエA1は、20チームが覇権を競う。 昨年は伏兵のイトゥアーノが12年ぶり2回目のサンパウロ州制覇を果たした。鼻を明かされたサンパウロ州4強は、捲土重来を期しているが、リベ […]
  • サンパウロ州選手権=来年の組分けなどを発表=今年優勝のイトゥアーノはSPと2014年11月5日 サンパウロ州選手権=来年の組分けなどを発表=今年優勝のイトゥアーノはSPと  サンパウロ州サッカー連盟は3日、来年のサッカーサンパウロ州選手権の組分け抽選を行い、登録選手を28人に制限するという新ルールも採択した。 大会方式は今年の大会と同様、20チームを5チームずつ四つのグループに分け、他グループの15チームと1試合ずつの合計15試合戦い、各グル […]