ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 3日に行なわれたW杯前の調整も兼ねた親善試合で、ブラジル代表はパナマ代表を4―0で下し、順調な仕上がりぶりを見せた。この試合でネイマールはプロとして通算200得点目になるゴールで先制点を決め、3点目となったフッキのシュートを相手の意表をつく華麗なパスでアシストするなどの活躍を見せて、絶賛された。フェリポン監督は試合ぶりを褒め称えたが、伯字紙の中には、先取点を取るのに26分を要したこと、序盤に執拗なマーク攻めに苦しんだことを課題にあげるところもあった。ブラジル代表は6日にサンパウロ市モルンビ・スタジアムで、セルビア代表と戦い、W杯前の最終調整にする。
     ◎
 サンパウロ市東部タトゥアペーのショッピング・アナリア・フランコで5月29日、駐車場に止めてあった1台の車が盗難の被害にあった。だが、盗まれたのは右側の前輪と後輪のタイヤ二つのみで、車そのものはそのままそこに残された。だが、片側のタイヤがないまま、車がバランスを保って立ち続ける珍しい姿を撮った写真がフェイスブックの「ヴィヴァ・タトゥアペー」に掲載され、話題を呼んだ。この写真を見て、警察は犯人捜査に乗り出したという。
     ◎
 6週間の長きにわたって展開されていたサンパウロ市市立学校の教職員のストが3日に終了した。教員らは来年5月から2016年11月までの3段階に分け、計15・38%の賃上げを獲得。初任給も2600レアルから3千レアルに上がった。サンパウロ市では同日、給与据え置きが言い渡されたサンパウロ総合大学(USP)など州立3大学の教職員によるデモ行進も行われた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2030年W杯まで安心なサッカー新世代2020年9月18日 2030年W杯まで安心なサッカー新世代  サッカーがブラジル国内で再開されて、一月近くが経過した。その短い期間の中で楽しみなことが起こって来ている。  それは、昨年のU17W杯での世界一に貢献した選手たちのうち4人が、早速プロの世界で活躍していることだ。カイオ・ジョルジュ(サントス)、ペグロウ(インテル […]
  • 《ブラジルサッカー》A代表と五輪代表、計47人一挙発表=W杯南米予選とU23の親善試合2020年3月7日 《ブラジルサッカー》A代表と五輪代表、計47人一挙発表=W杯南米予選とU23の親善試合  ブラジル・サッカー連盟(CBF)は6日、今月のW杯南米予選に出場するA代表、同時期に開催される親善試合に出場する五輪代表の計47選手を発表した。  A代表24人のメンバーは以下の通りだ。<キーパー>エデルソン(マンチェスター・シティ)、ウェーヴェルトン(パルメイ […]
  • 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!2020年1月2日 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!  2020年の夏季五輪は56年ぶりの東京開催となる。様々な競技への興味がつきないが、ブラジルとしてはやはりサッカーを欠かすわけにはいかない。そこで、本紙きってのサッカーファン、井戸規光生記者と沢田太陽記者が今回もサッカー対談を行い、前回リオ大会で待望の金メダルを獲得した […]
  • 2019年ブラジルサッカー10の教訓=地元紙が鋭い考察=攻撃的スタイル、外国人監督がキーワード2019年12月27日 2019年ブラジルサッカー10の教訓=地元紙が鋭い考察=攻撃的スタイル、外国人監督がキーワード  21日のクラブW杯決勝でフラメンゴがリバプールに敗れ準優勝に終わったことで、1月に始まり12月に至った2019年ブラジルサッカーシーズンが終了した。  フラメンゴが席巻したと言っても過言ではない今期を振り返って、ブラジル紙が「2019年ブラジルサッカー界が得た10の […]
  • 東西南北2019年6月25日 東西南北  サッカーの女子W杯でブラジル代表は敗退してしまったが、男子代表は22日、コパ・アメリカで無難に決勝トーナメント進出を決めた。この日のペルー戦では、前試合のベネズエラ戦でゴールを3本無効にされた挙句に引き分け、散々批判されたうっぷんを晴らすかのように、前半から攻めに攻め、終わっ […]