ホーム | 特集 | 県連日本祭りで富士山写真展=地元しか知らない霊峰の姿=世界文化遺産1周年記念=本紙と静岡新聞が共催
四季折々の表情を見せる富士山を楽しめる(撮影・静岡新聞)
四季折々の表情を見せる富士山を楽しめる(撮影・静岡新聞)

県連日本祭りで富士山写真展=地元しか知らない霊峰の姿=世界文化遺産1周年記念=本紙と静岡新聞が共催

 郷土食展やミスニッケイコンテストなど見所満載の県連日本祭りが今週4~6日に開催される。中でも注目されるのが本紙と静岡新聞が共催する写真展『富士山写真展~世界文化遺産になった日本人の魂と文化~』だ。富士山がUNESCO世界文化遺産に昨年認定されたことを記念し、美しい四季の富士山の表情を伝える写真40枚を通じて、〃日本の心〃を伝える企画だ。

 提携紙の静岡新聞(本社・静岡市)と共催で、『富士山写真展~世界文化遺産になった日本人の魂と文化~』をパビリオン会場で開く(E-08、出口近く)。新聞見開きサイズの大きな写真で、日本のシンボル、富士山の雄姿をサンパウロで楽しめる。
  伊豆半島の方から駿河湾越しに望む富士山、まるで浮世絵のような波の向こうに聳える富士、真っ白な雲海から頭だけを出した神々しい姿など、地元紙だからこ そ撮影できた霊峰の写真が40枚も一堂に会する。同社ヘリコプター「ジェリコ1号」が空撮した上からの富士は、下から仰ぎ見る様子とはまったく別の表情を 見せる。
 古くから山岳信仰の代表としての山頂の浅間大社の鳥居の勇姿、下界をはるか向こうに俯瞰する日本一のパワースポット(元気が出る場所) といわれる山頂で御来光を迎えた瞬間、さらに「ダイヤモンド富士」が出現する直前に上空に鬼のような影が現れた瞬間を写したものなど、世界文化遺産にふさ わしい美景が山盛りだ。
 古来、日本人は俳句や浮世絵に写し取り、文化的意味を持たせ、自然への敬意、畏怖を維持してきた。富士山が世界文化遺産に登録されたのは、自然と共生してきた日本人の精神性を幅広く知ってもらおうという働きかけの成果でもある。
  この写真展は、そんな背景も含めた霊峰の姿を日系子孫に見てもらうだけでなく、幅広くブラジル社会に知ってもらうために企画された。後援は在サンパウロ日 本国総領事館、国際交流基金サンパウロセンター、富士山を世界遺産にする国民会議の後援。協賛はイカイ(静岡県沼津市)。


 「ソーレ お祭りだ」=ブラジル日本都道府県人会連合会 会長 本橋幹久

本橋幹久県連会長 かっての美空ひばりが唄ったように、「景気をつけろ、塩まいておくれ、ソーレ ソレソレ お祭りだ」と、7月4日から3日間、賑やかな舞台踊りや歌、楽しい盆踊り、華やかなミス日系コンテスト、ヒロインへの夢をかなえるコスプレイなどなど、大いに楽しんでください。
 「お祭り」には屋台の食べ物が欠かせません。その点「日本祭り」では、日本全国各県の美味しい郷土食が出揃っています。日本国内でも、一カ所でこれだけ揃って郷土食が楽しめる所などないでしょう。食の広場で日本各地の郷土食を大いに味わって下さい。
 しかし県連の「日本祭り」は、「お祭り」だけではないのです。茶道、生け花、あるいは書道などといった日本本来の文化を知ってもらうと共に、子供広場、高齢者広場などでは日本的な思考や精神に触れることが出来るでしょう。こういった日本文化を、ブラジル社会に広く紹介すると共に、次世代に伝えていくための「日本祭り」なのです。
 今回の第17回日本祭りは、当初より色々な困難が予想されてはいましたが、連邦議員、サンパウロ州議員、サンパウロ市議員の政治家、サンパウロ日本国総領事館、各団体、日本企業、日系企業、バザー出展者など、またボランティアなど多くの人達のご協力、ご支援により開催の運びと成ったことに心より感謝申し上げます。
 皆様、どうかご来場ください。心よりお待ち致しております。

image_print

こちらの記事もどうぞ