ホーム | W杯パッセ | 「私に任せて」のはずが…

「私に任せて」のはずが…

 イトゥ滞在中、ホテルに洋服のクリーニングを頼んだ。当日仕上がりのはずが、翌日、チェックアウトの時になっても「まだ」という。フロントの女性は申し訳なさそうな顔で「届き次第、すぐにサンパウロのホテルに郵送する」と言ってくれた。
 3日たった。届かない。確認の電話をすると、別のフロント係が「ここにありますけど、何か?」。催促しなければ一生手元には戻らなかったのではないか。「私に任せて」と親指を立てた女性の笑顔を思い出し、この時ばかりは腹が立った。
 現地の日本人には「ブラジルではそんなことばかりですよ」と笑い飛ばされた。おそらくみんな悪意はない。単純に「のんびりしていて、ルーズなだけ」という。この国で生活するには、ゆったりとしたペースに身を任せるのが肝要らしい。
 W杯は佳境を迎えたが、ブラジル代表は盤石の態勢とは言い難い。もし敗退したら過激な暴動が起きないか心配してしまうが、現地日系人に言わせれば、「みんなその日はシュンとして、翌日はさっさと現実に戻っていますよ」とのこと。
 どこまでも陽気で自由な人々の悲しい顔は見たくない。彼らが最後に、我を忘れて踊りまくる姿を見てみたい。(ブラジル・サンパウロ=静岡新聞特派員・南部明宏)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ステーキとお茶漬け2014年7月9日 ステーキとお茶漬け  6月以来、一般ニュースまでW杯ほぼ一色で、他のイベントも見事にない。そんな時にも関わらず、先週末サンパウロ市で日本祭りが行われた。20万人近くが訪れる、地元主催では世界最大級の日本文化イベントだ。 そこで静岡新聞社と共に富士山写真展を開催したら、ブラジル代表の試合時間です […]
  • コッパ微塵のレストラン2014年7月2日 コッパ微塵のレストラン  「お客さんが押しかけるかと期待したのに、すっかり騙された。コッパ(カップのポルトガル語=W杯)だけにコッパ微塵ですよ…」。サンパウロ市内のさる日系レストランに顔を出すと、旧知のクソ真面目な店主はのっけからそう嘆いた。 「笑点なら『座布団一枚!』だ」と内心は大笑い。でも相手 […]
  • 代表戦の裏のドタバタ2014年6月25日 代表戦の裏のドタバタ  ブラジル代表の初戦12日、サンパウロ市は特別休日になった。第2戦の17日は休みではなかったが、市内は昼過ぎに300キロ超の大渋滞を記録した。大半の会社が昼に一斉帰宅させたから起きた異例の渋滞だ。 自国代表の試合を見るために会社が半日になるなど、日本ではありえない。でもここ […]
  • 世界4位は最悪の結果か2014年7月16日 世界4位は最悪の結果か  ブラジル代表が準決勝で大敗を喫した晩、サンパウロ市南部では何の罪もないバスが、なんと20台以上も焼かれた。 次の晩、訪日予定の戦後移民と飲んでいたら、「日本代表が本領発揮できなかった原因をもっと追究すべきだと、故郷の友人に言おうと思っていたのに、ブラジル代表があのザマじゃ […]
  • 東西南北2017年5月20日 東西南北  来年のロシアW杯出場を決めているサッカーブラジル代表は、6月9日と13日に豪州メルボルンの地で、アルゼンチン、豪州と親善試合を行う。その代表メンバーが19日発表された。「欧州でプレーする何人かの選手には休暇が必要」との理由で、ネイマールは外された。今年2月に負傷したガブリエル […]