ホーム | 日系社会ニュース | 熟連芸能祭=500人来場、熱意溢れ=福嶌総領事「皆さんは日本代表」
健康表現体操を披露するリビロン・ピーレス錦友会
健康表現体操を披露するリビロン・ピーレス錦友会

熟連芸能祭=500人来場、熱意溢れ=福嶌総領事「皆さんは日本代表」

 ブラジル日系熟年クラブ連合会(五十嵐司会長)が『第38回熟年クラブ芸能祭・大会』を28日、静岡県人会館で開催した。同会に所属する約80団体が日本舞踊や民謡などを披露。同会員を中心に約500人が来場し、出演者の熟練の技を楽しんだ。
 各団体最大限力を発揮し演技に臨んだものの、機材が故障し、急遽アカペラでコーラスを行なうというハプニングも。コーラス教室の足立弘子さんは「日頃の成果を発揮できなかった」と残念そうだったが、「来年はリベンジです」と気持ちを切り替え意気込んだ。
 ジュンジアイ睦会として団舞を披露した北原民子さん(84、熊本)は「芸能祭のために、みんな一生懸命練習する。一年の楽しみです」と充実の表情だ。
 昨年バイーアから引っ越してきたという富田初司さん(71、鹿児島)は、「みんな熱心で凄い。日本にいるのかと思った」と熟ク連会員の活発さに感心していた。
 同祭の合間には、第38回熟連クラブ大会も開催され、林アンドレ弁護士による講演会が行われた。大会に出席した福嶌教輝総領事は、開催中のW杯にかけて「皆さんのような日本代表がいるので心強い」と激励を送った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 県連会議=50周年式典を8月に前倒し=五輪来伯の河村衆議も出席=舛添都知事らにも交渉中2016年4月30日 県連会議=50周年式典を8月に前倒し=五輪来伯の河村衆議も出席=舛添都知事らにも交渉中  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「代表者会議」が28日、文協ビル同会議室内で行われ、県連創立50周年記念式典、第19回日本祭りの議題を中心に、熊本地震災害義援金などの報告が行なわれた。50周年記念式典は当初9月18日に予定されていたが、8月7日に前倒しとなった […]
  • 忘年会での乾杯の様子2014年12月25日 県連=代表者会議と忘年会開催=120人で労ねぎらう  ブラジル日本都道府県人会連合会(本橋幹久会長)の12月度代表者会議と忘年会が19日、サンパウロ市のブルーツリーホテルで行われ、会議には約40人、忘年会には約120人が出席した。 代表者会議は、15日に亡くなった山形県人会長・押切壮フラヴィオさんへの黙祷で始まり、本橋会長の […]
  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]
  • 開催に賛成する代表者一同2014年8月16日 県連=来年の日本祭り開催を決定=外交120周年事業の目玉に=安倍首相来伯で勢いつく=「不安要素は選挙結果」  ブラジル日本都道府県人会連合会(本橋幹久会長)は14日、臨時代表者会議を文協ビルの県連会議室で開き、各県人会代表者約45人出席のもと、満場の支持を得て「第18回日本祭り」の開催を決定した。高騰した会場費の問題から開催が危ぶまれていたが、先日来伯した安倍晋三首相の日本祭り支 […]
  • 和太鼓を演奏する様子2014年9月2日 「伝統守り新分野を開拓」=丹下セツ子太鼓道場発表会=三味線に合わせタップダンスも  丹下セツ子太鼓道場(梶原アウミル代表)は第6回発表会を先月24日午後2時から、サンパウロ市の宮城県人会館で行い、講堂いっぱいに置かれた200席では座り切れない人が集まった。最新の音響照明設備が設置され、約2メートルも広げられた舞台いっぱいに熱気ある15曲の演奏が繰り広げら […]