ホーム | W杯パッセ | 世界4位は最悪の結果か

世界4位は最悪の結果か

 ブラジル代表が準決勝で大敗を喫した晩、サンパウロ市南部では何の罪もないバスが、なんと20台以上も焼かれた。
 次の晩、訪日予定の戦後移民と飲んでいたら、「日本代表が本領発揮できなかった原因をもっと追究すべきだと、故郷の友人に言おうと思っていたのに、ブラジル代表があのザマじゃ何にも言えないよ」とボヤいた。
 例の試合を当地新聞は「百年間で最悪の試合結果」「自国開催で歴史的屈辱」といった刺激的な見出しで報じた。会見で厳しく責任追及するジャーナリストに怒ったスコラリ監督は、「私のやり方が気に入らない奴は地獄に墜ちろ」と言い放ち、翌日のリオ地元紙の一面には「地獄に行くのはお前だ、フィリポン(監督の愛称)!」との大見出しが躍っていた。
 4位がさも「最悪の結果」のように真剣に論じる皆さんにはまことに申し訳ないが、口角泡飛ばす様子自体が、どこか微笑ましい。教育や医療の向上にも、それぐらいの熱意があれば、今頃はサッカー以外でも世界一位なっていただろう。(ニッケイ新聞・深沢正雪)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ステーキとお茶漬け2014年7月9日 ステーキとお茶漬け  6月以来、一般ニュースまでW杯ほぼ一色で、他のイベントも見事にない。そんな時にも関わらず、先週末サンパウロ市で日本祭りが行われた。20万人近くが訪れる、地元主催では世界最大級の日本文化イベントだ。 そこで静岡新聞社と共に富士山写真展を開催したら、ブラジル代表の試合時間です […]
  • 「私に任せて」のはずが…2014年7月4日 「私に任せて」のはずが…  イトゥ滞在中、ホテルに洋服のクリーニングを頼んだ。当日仕上がりのはずが、翌日、チェックアウトの時になっても「まだ」という。フロントの女性は申し訳なさそうな顔で「届き次第、すぐにサンパウロのホテルに郵送する」と言ってくれた。 3日たった。届かない。確認の電話をすると、別のフ […]
  • コッパ微塵のレストラン2014年7月2日 コッパ微塵のレストラン  「お客さんが押しかけるかと期待したのに、すっかり騙された。コッパ(カップのポルトガル語=W杯)だけにコッパ微塵ですよ…」。サンパウロ市内のさる日系レストランに顔を出すと、旧知のクソ真面目な店主はのっけからそう嘆いた。 「笑点なら『座布団一枚!』だ」と内心は大笑い。でも相手 […]
  • 代表戦の裏のドタバタ2014年6月25日 代表戦の裏のドタバタ  ブラジル代表の初戦12日、サンパウロ市は特別休日になった。第2戦の17日は休みではなかったが、市内は昼過ぎに300キロ超の大渋滞を記録した。大半の会社が昼に一斉帰宅させたから起きた異例の渋滞だ。 自国代表の試合を見るために会社が半日になるなど、日本ではありえない。でもここ […]
  • 東西南北2017年5月20日 東西南北  来年のロシアW杯出場を決めているサッカーブラジル代表は、6月9日と13日に豪州メルボルンの地で、アルゼンチン、豪州と親善試合を行う。その代表メンバーが19日発表された。「欧州でプレーする何人かの選手には休暇が必要」との理由で、ネイマールは外された。今年2月に負傷したガブリエル […]