ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ水道局(Sabesp)が15日に発表したところによると、カンタレイラ水系の水の利用者で、6月に水道の使用量が増えた人は14%に上ったという。これは大聖市圏内の120万人に相当するもの。月間の水道使用量が増えた人の割合は、3月の24%から順調に落ちて来て5月には10%に落ちていた。先週にはジェラウド・アウキミン聖州知事が「9割方の対象市民が節水に協力してくれている」として、水道使用量が増えた人への罰金案を撤回したばかりだった。カンタレイラ水系の水位は16日朝現在で17・8%にまで減少。水位の低下と共に州知事選挙も過熱しそうだ。
     ◎
 15日夕方、聖市パウリスタ大通りの300番台の建物で頭蓋骨をはじめとした骨が入った箱が発見された。18時20分頃に同地区にあった建物の2階のトイレを清掃中の係員が、便器の近くで見つけた。この骨は市警第78署が預かり、鑑識医院(IML)にまわした。IMLではこの骨が人間のものか動物のものかを最初に確認している。また、防犯カメラも確認中だ。まだ実態は不明だが、市内有数の繁華街にふりかかった物騒な話だ。
     ◎
 ブラジル・サッカー連盟(CBF)は次期セレソン監督に外国人監督をあきらめ、伯人から選ぶ方向で動いていると伯字紙が伝えている。その方向で行くと、かねてから本命と言われている元コリンチャンス監督のチッチ氏になりそうだが、現ジュニア・セレソン監督で13年以降好成績をあげているアレッシャンドレ・ガロ氏などの名もあがっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年7月21日 東西南北  今年の秋の異常乾燥で、カンタレイラ水系の水位の危機が再び叫ばれるようになってきた。20日午前9時現在の水位は41・2%まで下がっている。乾季はまだ続くので、30%台に落ちるのはほぼ間違いない。また、水位もさることながら、気になるのはここのところの雨量だ。同水系への降水は4月に […]
  • 東西南北2016年5月24日 東西南北  聖州では先週から強い冷え込みが続いており、20日夜から23日の朝方まで降った強い雨は、聖州の主要水系を潤した。カンタレイラ水系ではこの間に53ミリもの雨が降ったことで5月の降水量が86・4ミリとなり、月間平均(78・2ミリ)を超えた。同水系の4月の降水量は4・4ミリしかなく、 […]
  • 東西南北2015年12月1日 東西南北  デウシジオ上院議員逮捕にまつわる話題で先週から話題もちきりの伯国だが、そんな最中、ダッタフォーリャが18年大統領選に関するアンケートの結果を発表した。復帰を狙うルーラ前大統領は6月の調査と同じく2位(22%)だったが、1位のアエシオ・ネーヴェス氏(31%)も意外と差をつけられ […]
  • 東西南北2015年9月10日 東西南北  8日に聖州で降った強い雨は、主要6水系にも反映され、全水系で貯水率の上昇を記録した。降水量そのものも、最も少なかったカンタレイラでさえ、今年同水系が1日で記録した量としては最多となる45・8ミリで、最も降ったリオ・クラーロでは67・6ミリだった。月間累計でも、3水系が既に9月 […]
  • 東西南北2014年11月5日 東西南北  3日午後、先週から言われていた「今週は天候が崩れる」との天気予報どおり、大聖市圏に強い雨が降り、冠水被害などが見られた。降ったのは聖市北部や同東部より北の地域で、聖市中央部から南部では夕方以降に霧雨程度という不思議な雨の降り方ではあったが、それでもCPTM7号線が止まり、 […]