ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 昨日報じたロビーニョのサントス復帰だが、米国のクラブ、オーランド・シティへの移籍話はなくなり、所属先はイタリアのACミランのままで、そこからサントスへの1年間のレンタルであることがわかった。その間の給料を払うのはサントスで、月給は50万レアルをベースとし、そこに大会の優勝やリベルタドーレス杯進出に貢献したなどのオプションを達成すると、最大月収は80万レアルまで上がりうるという。ロビーニョの同チーム復帰は4年ぶり3度目。この数カ月間、ロビーニョをめぐってはオーランド・シティのほか、フラメンゴ、トルコのベシクタシュなども獲得を狙っていた。
     ◎
 サンパウロ州セルケイラ・セーザルで4日、女性教員クラウジア・バチスタ・デ・カマルゴさん(34)の運転する車の上に、さとうきびを運んでいた3両連結のトラックの最終尾の荷台が落下した。荷台の重量は30トンあり、下敷きとなった車はその衝撃で大破した。荷台の除去のため消防隊はジャッキを使用、扉も切り取らなくてはならなかったが、クラウジアさんは無傷で済んだ。「あの車の中でなぜ無事だったのかわからない」とクラウジアさんはつぶれた車を見て語った。
     ◎
 4日午後8時30分頃、サンパウロ市東部のジャルジン・コロラドで電撃強盗犯2人が軍警に殺害された。強盗は男性1人を誘拐後、男性の車で銀行に行くつもりだったが、通報を受けた軍警が現場に駆けつけた。強盗は車で逃げようとしたが他の車にぶつけ、銃を撃ちながら車から降りようとして軍警に撃たれた。男性は事故の際にケガをした。

image_print

こちらの記事もどうぞ