ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 5日に発表された基礎教育開発指数(Idep)がサンパウロ州では最低レベルの数字だったサンパウロ市北部ブラジランジアのクリスピン・デ・オリヴェイラ州立校の実情について、9日付アゴラ紙が報じている。それによると、先生の不足から、違う学年の生徒と同じ部屋で授業を受けることも珍しくない。担任の先生が突然不在となり、後任がきまらないまま、先生が日替わりになることも多いなどの理由で、9歳になっても読み書きができない生徒もいる。また、同校はファヴェーラに近く、学校内外での喧嘩や窃盗、麻薬使用も見受けられるという。次期サンパウロ州知事の課題はここにもある。
     ◎
 7日、親善試合のために米国の滞在中のサッカーのセレソンから、マイコンが「午前様」を理由にチームから外すと言い渡された。ただ、この理由を明らかにするのに時間がかかっているあいだに、ネットでは「マイコンがチームメイトのエリアスと同性愛行為を行なったからだ」という噂が駆け巡り、エリアスが「事実無根だ」と憤慨して訴訟をも辞さないという事態が起こった。今話題の観客の人種差別ヤジもそうだが、ファンのマナー教育が必要だ。
     ◎
 グローボ局深夜の顔、ジョー・スアレスが約1カ月ぶりに看板番組「プログラマ・ド・ジョー」の収録を行なった。肺炎で入院中だったあいだには死亡説なども流れていたが、ジョーはそれを皮肉り、「それがどんなものか知るために、死んでみるのもいいかも」「静かで渋滞にも巻き込まれないし、入院もいいものだ」とブラック・ジョークを連発した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年6月17日 東西南北  2022年の大統領選出馬を有力視されていたグローボ局司会者のルシアノ・フッキが、16日未明、出馬断念ととれる発言を行った。フッキは同局の深夜番組「コンベルサ・コン・ビアル」に出演した際、2022年に関して、「ドミンゴン・ド・ファウストンの後番組の司会者を務める予定」と答えた。 […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカが反発の中で開幕=デモ発生、視聴率過去最低2021年6月15日 《ブラジル》コパ・アメリカが反発の中で開幕=デモ発生、視聴率過去最低  国民の大半がコロナ禍を理由に開催を反対する中、ブラジル開催のサッカーのコパ・アメリカが低調にはじまった。14日付現地紙などが報じている。  コロナ第3波が恐れられる中でのブラジルでのコパ・アメリカ開催に、国民は強い反発を示している。11日にXPインヴェスチメントスが […]
  • 《ブラジル》大統領府通信局が偽ニュースサイト支援?=運営者を大手メディア幹部に紹介2021年6月15日 《ブラジル》大統領府通信局が偽ニュースサイト支援?=運営者を大手メディア幹部に紹介  大統領府通信局(SECOM)元局長のファビオ・ワインガルテン氏が、フェイクニュース捜査の対象のブログ運営者に政府協力メディアの存在を明かし、同氏に有利に計らうことを約束した様子が音声データとともに報じられた。13、4日付現地紙が報じている。  これは13日付グローボ紙が独占 […]
  • 東西南北2021年6月15日 東西南北  13日、ブラジルの日曜夜のおなじみのグローボ局の長寿番組「ドミンゴン・ド・ファウストン」の司会者、ファウストン(71)が番組を初めて病欠した。理由は尿路感染で、10日に症状を訴え、サンパウロ市のアルベルト・アインシュタイン病院に入院中だ。同番組は1989年から32年も続いてい […]
  • 《記者コラム》ブラジルはゴッサムシティになったか?2021年6月1日 《記者コラム》ブラジルはゴッサムシティになったか? 法王のピアーダにムカッ!とするインテリ  《バットマンが新シリーズで犯罪撲滅にサンパウロへ来ることが確認された》という5月27日付LegadodaDCサイトの記事(https://legadodadc.com.br/batman-vem-combater-o-cr […]