ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ州水道公社(Sabesp)のジウマ・ペーナ局長は24日、同公社に対するサンパウロ市議会の会調査委員会(CPI)からの召喚に応じなかった。同氏はそこで、サンパウロ市の水不足の問題に対して説明をするよう求められていた。欠席の理由は、喉頭にできた出来物の除去手術を受けたことに伴う15日間の休暇に伴うもので、休暇が明けるのは10月6日になるという。奇しくも休みは統一選挙の投票日まで続くこととなる。「選挙が終わるまでは話したくない」ということなのか。次のサンパウロ州知事が誰になるかで、同公社側の見解も変わりかねないようだが、どうなるか。
     ◎
 24日に行なわれたスペインのサッカー・リーグ、バルセロナ対マラガ戦で、マラガのディフェンダーでブラジル人選手のウェリントンがバルセロナの世界一選手、リオネル・メッシの両頬を右手でつかんでグラウンドに押し倒し、大きな話題を呼んだ。ウェリントンによると、これはメッシが彼に、「売春婦の息子」という、スペイン語、ポルトガル語圏でよく使う侮蔑語を接触プレー後に吐き捨てたからだという。メッシの暴言癖は以前から問題視されている。
     ◎
 24日から、サンパウロ国際映画祭(モストラ)と並ぶブラジルの大規模映画祭、リオ国際映画祭がはじまった。開催期間は10月8日まで。欧州映画を中心とした高級志向の映画ファンに人気のモストラに対し、リオ映画祭はオスカーのノミネートが有力視される話題作が集まる傾向が強い。この手の映画が見たい人は、この機会にリオまで行くのも悪くない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年11月22日 東西南北  本日付本頁で報じた新都市相候補のアレッシャンドレ・バウジー氏に、早速黒い噂が浮上している。20日付フォーリャ紙には、同氏は2011~12年頃に現地紙をにぎわせた連邦警察のモンテ・カルロ作戦の仕掛け人で賭博師のカルロス・カショエイラ被告と深いつながりがあり、犯罪にも関与していた […]
  • 東西南北2009年12月11日 東西南北 ニッケイ新聞 2009年12月11日付け […]
  • コリンチアンスCPI取り下げ2007年11月10日 コリンチアンスCPI取り下げ ニッケイ新聞 2007年11月10日付け […]
  • 東西南北2007年3月17日 東西南北 2007年3月17日付け  ブッシュ米大統領を囲んでシュラスコ(焼肉パーティー)の席。ブッシュ大統領「サッカーで強いのは、サンパウロかい」。セーラ知事「いいえ、パウメイラです。ルーラ大統領のコリンチアンスも侮れないけどネ」。アモリン外相「強いのは、サントスだヨ」。リオ・グ […]
  • 「大統領選 公開討論会」白熱の舌戦を展開=両雄は糾弾の応酬=過激発言で公約を忘れる=熾烈な水面下作戦も進行2006年10月10日 「大統領選 公開討論会」白熱の舌戦を展開=両雄は糾弾の応酬=過激発言で公約を忘れる=熾烈な水面下作戦も進行 2006年10月10日付け […]