ホーム | 文芸 | 連載小説 | パナマを越えて=本間剛夫 | パナマを越えて=本間剛夫=3

パナマを越えて=本間剛夫=3

 「つらいから、見送りませんよ」という夫妻が、早く帰ってね、と繰り返した。車が走り出しても二人が手を振ってるのが見えた。
 大通りは、もう車の列だ。車が桟橋に入ると遥か突端に、日の丸を掲げた黒い貨物船が見えた。
 タラップを上ったところにボーイが立っていて、私を船長室へ案内した。
 そこに日本人の紳士がいて、一人の眼が、すごく鋭かった。
「こちらが小菅船長、そちらがサンパウロ総領事館の石黒武官どの」
と、店長が紹介した。
 鋭い眼の紳士は軍人だったのだ。
 私は目礼しながら、武官という五十歳がらみの恰幅のいい男の正面に腰をおろした。
 サントスの領事は、海岸山脈の裾に広がるレジストロ、セテバラスなど、日系人集団、約二百家族の指導、保護にあたる。
「アメリカとの戦争は不可避の状態にある。そこで、君に頼みがある。日本へ持っていってもらいたいものがあるのだ」
 石黒武官はそこで口ひげを撫でた。彼の口調は、既に部下に対する命令だった。何を持っていくのか。武官が頼むというからには、重要なものなのだろう。日米開戦が避けられない状況にある、という彼の重い口ぶりが胸をしめつけた。私は危険を感じた。断われるものなら断わりたい。しかし、もう、不可能なことを悟らざるを得ない。
「何を持っていくのでしょうか」
 辛うじて彼の顔を見返した。
 武官は答えず、上衣のボタンを外し、ワイシャツをたくしあげて胴に巻いた黄色い帯のようなものを引き出していった。
「これだよ。濡れても差し支えない」
 それは長さ一メートル、巾7センチほどで一二、三センチの間隔で、中味がずれないように、いくつかの縦に縫い目がある。その中は封筒のようだ。
 私は、もう拒めないと覚悟はしているものの、不安とあきらめが、あざなうように胸を襲った。
 私は武官がしていたように、どっしりと重い帯をしめながら、封筒の中でサラサラと鳴る砂のような音を聞いた。封筒の中身は戦争に重要な役目を果たすものなのだろうか。砂のような微かな音は何だろう。なぜ、これを自分に運ばせるのか、武官と店長の間に、どんな密約があるのだろう。
「……どうにでも、なれ……」
 悲しさと憤りで店長を恨んだ。サントスにもサンパウロにも多くの日本人がいるではないか。
 なぜ、自分を選んだのか。なぜ、武官は己れの部下から選ばないのか。わざわざサンパウロからサントスまで来たのは店長が私を推したに違いない。
 私は以前から店長に恩義を感じていた。彼は私の農業経営の希望に反対したのではなかったが、郷里からの送金をあてにするような安易な考え方では成功は覚束ない、というより失敗は明らかだ。君は大地主の息子という境遇に反撥して、この国に来たのではないか。郷里からの送金に頼るようでは、君も父祖と同じ生涯を送るに過ぎない、と諭した店長の戒めを忘れたことはなかったのだ。
 「それよりも、君はエメボイ農大に入ることだ。エメボイは農場実習が多い。そこで一般耕地の農大の生活を体得するがいい。エメボイは学生ばかりでなく、一般農家の子弟から募った作業に重点をおく班もあり、その班員と生活を共にすることで、この国の農業の実態を体得することができる」といった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月24日 東西南北  23日、ブラジルのメディアはどこも、「サッカーの王様」ペレ一色だった。それは、この日がちょうど、節目となる80歳の誕生日だったためだ。そのため、ブラジルの新聞やサイトは写真で彼の選手時代の栄光の瞬間を振り返ったり、彼のゆかりの地を紹介したり、現在の名選手との比較をしたりなど、 […]
  • 東西南北2020年10月20日 東西南北  先週、ブラジルの話題を独占したのはシコ・ロドリゲス上議だった。やはり、連邦警察が家宅捜索にふみこんだときに「パンツに賄賂と思しき大金を隠していた」という珍事は相当なインパクトがあった。そのため、ネット上では「これぞ、本当に汚い金」「警察は臭い金を“資金洗浄”しなければ」などと […]
  • 本門佛立宗=茨木日水上人50回忌決起大会=ブラジル仏教初祖の日制定祝う=11月にリンス大宣寺で法要2020年10月20日 本門佛立宗=茨木日水上人50回忌決起大会=ブラジル仏教初祖の日制定祝う=11月にリンス大宣寺で法要  サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区のブラジル本門佛立宗(HBS)の中央寺院日教寺(高崎日現ブラジル教区長)は18日、茨木日水上人50回忌決起大会と、笠戸丸移民である同上人が「僧侶」としてブラジル上陸した6月18日を「ブラジル仏教初祖の日」(Dia do […]
  • 東西南北2020年10月17日 東西南北  ファビオ・ファリア通信相が15日、新型コロナ感染症に罹患した事を明らかにした。同相はビデオの中で「1週間以上前に参加した夕食会で感染したと思う」と語っている。この夕食会は、ロドリゴ・マイア下院議長とゲデス経済相の間の関係を修復するために連邦議員達が計画したもの。同相は14日に […]
  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]