ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ水道公社(Sabesp)総裁やジェラウド・アウキミン聖州知事が14日に初めて給水制限実施を口にしたことで、聖市民の水への心配が更に強まった。知事によれば、カンタレイラ水系からの取水が従来の半分の17立方メートルに制限された時点で給水量低下は始まっている。15日付アゴラ紙によると、聖市での水圧低下の影響は周辺部ほど大きいという。聖州の夏の降水量は、南東伯の他の州が南大西洋熱帯高気圧(ASAS)で未曾有の高温と低雨量に苦しんでいるのに比べれば良い方だが、それでも年平均を大きく下回り、カンタレイラでは半分以下だ。さて、今後はどうなるか。
     ◎ 
 15日、米国ロサンゼルスで今年のアカデミー賞のノミネートの発表が行われ、アルゼンチンの映画「レラト・サルヴァージェン」が外国語映画賞の最終5作品に残った。同映画主演のリカルド・ダーリンは、2010年に同賞を制した「瞳の奥の秘密」以来、5年ぶり2度目のノミネートで、南米俳優としての快挙にもなった。同映画は昨年10月から伯国で公開され、好評につき、現在も連日長蛇の列が出来る人気作として知られている。授賞式は2月22日だ。
     ◎
 サントスFCが財政難で、選手の給与支払いに遅れが出て問題となっている。既にアラニャ、アロウカ、レアンドロ・ダミアンといった主力選手が訴訟の手続きを取っているが、昨年同チームに復帰したロビーニョも14日、この訴訟を支持した。彼によると、自身への支払いは訴訟を起こした選手以上に遅れているというから危機的だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕2017年5月23日 サンパウロ市クラコランジア=冷たい雨の下、一掃作戦強行=警察900人動員38人逮捕  【既報関連】サンパウロ市セントロ、ルス区の麻薬汚染地帯クラコランジアで21日朝、警察が地域一掃作戦を行ったと、22日付現地紙各紙が報じた。  市警、軍警あわせて900人を動員して行われた作戦では、麻薬密売者ら38人が逮捕され、ナイフや銃などの武器多数と麻薬が押収され […]
  • 東西南北2014年8月1日 東西南北  イボッピ(IBOPE)による最新の知事選調査の結果が7月30日に発表された。聖州ではジェラルド・アウキミン知事が50%の支持率を得、パウロ・スカッフィ氏が11%で続いた。PT候補の前保健相アレッシャンドレ・パジーリャ氏は5%だった。白票は15%、「わからない」は14%で、 […]
  • 東西南北2014年7月12日 東西南北  カンタレイラ水系の水の減少は聖市やその周辺の都市の住人には気が気でないことのひとつだが、2月から給水制限が行なわれている聖州イトゥ市では、カトリックの神父たちの主導による雨乞い行進が行なわれた。フランシスコ・ロッシ神父を筆頭とした一団は、同市のドン・ペドロ一世広場からサン […]
  • 東西南北2014年11月5日 東西南北  3日午後、先週から言われていた「今週は天候が崩れる」との天気予報どおり、大聖市圏に強い雨が降り、冠水被害などが見られた。降ったのは聖市北部や同東部より北の地域で、聖市中央部から南部では夕方以降に霧雨程度という不思議な雨の降り方ではあったが、それでもCPTM7号線が止まり、 […]
  • 東西南北2018年7月21日 東西南北  今年の秋の異常乾燥で、カンタレイラ水系の水位の危機が再び叫ばれるようになってきた。20日午前9時現在の水位は41・2%まで下がっている。乾季はまだ続くので、30%台に落ちるのはほぼ間違いない。また、水位もさることながら、気になるのはここのところの雨量だ。同水系への降水は4月に […]