ホーム | 文芸 | 読者寄稿 | 「ジャポネース ガランチード」=サンパウロ 駒形秀雄

「ジャポネース ガランチード」=サンパウロ 駒形秀雄

 4月11日付け西銘光男さんの文章「ジャポネース ガランチード」を拝見致しました。大変立派な内容のお話しに感心し、「そうです、全くその通りです」とこの文を記します。
 第一に、この言葉「ジャポネース ガランチード」が日本人を差別する言葉だということが、西銘さんの体験に基づいて明確に書いてあるということです。私も何度かこれは侮蔑語だと言い、新聞にも投稿したのですが、自分の体験ではないので迫力がありませんでした。西銘さんの話は感動的で説得力があります。
 第二に、この言葉が文法的に正しくないカイピーラ語で、そんなことを口にするのも恥ずかしい、と言う点です。「信用できる日本人」と言 いたいなら、他の言葉があるのです。日本語だけでなく、ポルトガル語にも十分造詣の深い西銘さんが言われるのですから、これはガランチード、間違なしですね。
 この様な侮蔑の意味のコロニア言葉を、ブラジル事情に疎い日本からの来客に得々と紹介し、「ジャポネース ガランチード」は「信用できる日本人」と教え込んだ現地の人は罪が深いと思います。
 初めは日本から来た何も分らぬ地方の会長などが、県人会で「皆様の努力で今日ジャポネース ガランチードと言われるような高い地位を築いた」などと挨拶していた間はまだ良かったが、これが印刷物になり、日本の首相 までがそれを言うようになっては、ピアーダを通り越して「あきれてものも言えんわい」となります。
 更に、これを生半可のポルトげースでブラジル人に「俺はガランチードだ」などと言われても、ブラジル人は何を言うのか?と思うでしょう。大体、人を呼ぶのにその人の名前を言わず、「オーポルトゲース」とか、「アメ公」「ロ助」とか地名で呼ぶのは侮蔑の言い方です。
 ブラジルに居る人はどこの出身であろうと、人として皆平等です。私達も、自分から差別を助長するような「ジャポネース ガランチード」などは使わないのが一番良いのです。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 清談会3月例会は7日に=NHKや日本語劣化など議論2020年2月28日 清談会3月例会は7日に=NHKや日本語劣化など議論  清談会(担当=榎原良一)の3月例会が、3月7日(土)午前9時から正午までサンパウロ市の熟年クラブ連合会会館(R. Dr. Siqueira Campos, 134, […]
  • GLA講演会、17日=『2019新年の集い』2019年2月9日 GLA講演会、17日=『2019新年の集い』  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「映像の集い・2019新年の集い」を17日午後2時から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化福祉協会代大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子2019年1月30日 ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子  イビウーナで暮らしておられた故・香山栄一氏から8百冊余りの書籍を引き継いで、インターネット上に何とか香山文庫のウェブサイト(http://wabicafe.com.br/kayama/)を立ち上げたのが、今から4年余り前。時々サイトの手直しなどをしてはいるものの、デー […]
  • ■訃報■木原好規2019年1月30日 ■訃報■木原好規  和歌山県人会で長年会長を務めてきた木原好規さんが28日、癌のため亡くなった。享年82。葬儀は29日、市内アルピーナ火葬場で行われた。  木原さんは和歌山県紀の川市出身で、1960年に渡伯した。竹中商会に長年務め、和歌山県人会では05年から5期10年にわたって会長を務 […]
  • 福岡県人会総会、2月3日2019年1月29日 福岡県人会総会、2月3日  ブラジル福岡県人会総会(平山イナシオ秀夫会長)の「定期総会」が2月3日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の大阪なにわ会館(Rua Domingos de Moraes, […]