ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 レジストロの紅茶業を守ろうと88歳の島田梅さんが独自に始めた新銘柄「おばあ茶ん」(8日詳報)に協力する意味で、編集部でも販売を始めることにした。販売価格は100グラム15レアル。癖がなくまろやかなので、紅茶を飲み慣れていない人にもお勧め。5パック以上購入希望の方は、予め編集部(11・3360・6060)まで予約の電話を。なおサンパウロ市アクリマソン区のめがね店「OTICA ACLIMACAO」(Av. Aclimacao, 112、電話=11・3207・4104/ベルナデッチさん)でも好評販売中。
     ◎
 日本の芸能界で活躍する著名なハーフタレントによる「ハーフ会」が話題になっている。参加するのは英国人やドイツ系米国人とのハーフ、父がバングラディッシュ人のクオーターなど生い立ちは様々だ。当地関係では、ブラジル人と日本人のハーフで、吉本興業に所属する日本のお笑いコンビ「デニス」の植野行雄さんなどもいる(13年10月11日付け既報)。彼の母はミナス日語校元教師だ。彼らの出生への理解が深まれば、移民への関心もすこしは高まるかも。
     ◎
 10回目を迎えるブラジル映画祭が、4月25~30日に東京・渋谷の映画館で開催する。2015年アカデミー賞外国語映画賞ブラジル代表作「彼の見つめる先に」、リオの名所を舞台とする「リオ、エウ・チ・アモ」など全9作品が上映されるようだ。当地では柔道映画「グランデ・ビットリア」が昨年制作されたが、主催者と連携し、こうした場で日本上映できれば良かったかも。詳細は公式サイト(tupiniquim.jp/fcb)から。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 外務大臣表彰=例年上回る37個人・団体へ=移民110周年の区切りに=クリチバ領管内から最多16人2018年7月17日 外務大臣表彰=例年上回る37個人・団体へ=移民110周年の区切りに=クリチバ領管内から最多16人  2018年度外務大臣表彰の受賞者が、本日発表された。ブラジル日本移民110周年を迎える今年は、在伯大使館、在聖総領事館、在クリチバ総領事館、在マナウス総領事館、在レシフェ総領事館、在ポルトアレグレ領事事務所から、例年を上回る計37人の個人・団体が選出された。主な受賞者とその功 […]
  • 大耳小耳2018年6月27日 大耳小耳  リオ五輪柔道女子で金メダルを獲得したラファエラ・シルバを育て上げた藤井裕子さんが、女性として初めて、ブラジル柔道男子代表監督に任命されたことが国際柔道連盟から発表された。藤井さんは、12年ロンドン五輪で英国代表女子を指導、13年5月からブラジル代表女子コーチに就任。リオ五輪で […]
  • 《ブラジル》「国の発展に役立つ人材育成を」=第62回パウリスタ・スポーツ賞=25人が晴れやかに受賞2018年4月6日 《ブラジル》「国の発展に役立つ人材育成を」=第62回パウリスタ・スポーツ賞=25人が晴れやかに受賞  ニッケイ新聞主催の『第62回パウリスタ・スポーツ賞』の贈呈式が4日、サンパウロ市議会の貴賓室で行われた。全19種目、特別賞8人を含む25氏に記念プレートとニッケイ新聞発刊の書籍が授与された。会場には過去最多の約500人もの来場者が集まり、盛大に式典が執り行われた。特別 […]
  • 大耳小耳2017年7月1日 大耳小耳  日本のニュースサイトによると、静岡県浜松市でブラジル五輪チームの合宿が行われる予定だ。今月8~12日にもブラジルの柔道代表選手が合宿をしたとのこと。ほかにも、浜松市は水泳、バレーボール、卓球の事前合宿を誘致しているとか。浜松にゆかりのあるブラジル人選手といえば、柔道家のダニエ […]
  • 第60回パウリスタ・スポーツ賞=16日にサンパウロ市議会で授賞式=特別賞4人含め総勢22人=盛大に多彩な功労者を表彰2016年6月11日 第60回パウリスタ・スポーツ賞=16日にサンパウロ市議会で授賞式=特別賞4人含め総勢22人=盛大に多彩な功労者を表彰  ニッケイ新聞が主催する「第60回パウリスタ・スポーツ賞」が16日にサンパウロ市議会の貴賓室で行われる。コロニアおよびブラジル社会において、現役で活躍の選手や引退後の指導者、審判として、競技の振興や普及に尽力した功労者に対し、「特別賞」4人を含む22人を表彰するもの。今年60年 […]