ホーム | 日系社会ニュース | 在聖総領事館=ジャパンハウス開設で増員=経済班にも藍原副領事着任
(左から)遠藤、藍原、藤田、栁澤各氏
(左から)遠藤、藍原、藤田、栁澤各氏

在聖総領事館=ジャパンハウス開設で増員=経済班にも藍原副領事着任

 在サンパウロ日本国総領事館の広報文化班に2人、新たな領事が加わった。日本外務省との2年契約で、広報文化施設「ジャパンハウス」(仮称)の立ち上げ業務を中心に携わる。日本政府は2016年度内の開設を目指している。
 東京芸術大卒の栁澤智洋領事(39、長野)はこれまで建築業を専門とし、イベント企画、運営などにも関わってきたという。伯人の妻を持ち11年4月から3年間、すでにペルナンブコ州都レシフェに住んでいた。「ブラジルに携わっていきたい気持ちが強い。建築分野で積極的に貢献できれば」と述べた。
 藤田陽子さん(42、愛媛)は国際法学の専門家。これまで7年間、独立行政法人で外国人のビザ発給など、就労支援に関わってきた。個人的にブラジル人バレーボールチームに所属し、当地への関心を高めていったという。初来伯ながら「温かい雰囲気の国でリラックスして仕事ができそう。日伯の架け橋になりたい」と抱負を語った。
 また領事交代のため、経済班で共に農林水産省から出向の遠藤諭副領事(36、宮城)が、後任の藍原健副領事(38、東京)と来社した。
 12年4月から赴任していた遠藤副領事は、「東日本大震災後は日本からの食品輸入規制が多くなり、非常に頭を悩ませた。サントスで荷物が止まり、ANVISA(国家衛生監督庁)とも繰り返し交渉した」と振り返った。
 「近年は福島県産を除けば元通りに近い。加工品や冷凍食品、飲料など日本食への関心も増えている」と捉え、「7月の(県連)日本祭りでは和食ブースを出すことになった。ブラジルに関して安倍(晋三)総理の期待も高い」と話した。
 農水省の外局、林野庁に所属する藍原副領事は、「大自然を持つブラジルに魅力を感じ、自ら赴任を希望した」という。経済班では鉄道、通信など専門外の分野にも携わることになるが、「企業の環境整備に努めたい。得意分野でも貢献できれば」と抱負を述べた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • ■尋ね人■岡本トシ子さん2019年1月12日 ■尋ね人■岡本トシ子さん  ブラジル広島文化センター(平崎靖之会長)が、日本から土地の相続人探しの依頼を受け、岡本トシ子さんを探している。  岡本さんは1922年、サンパウロ州ピンドラマ生まれなので、生きていれば現在96歳。両親は高知県伊野町出身の西川清吾・福壽さん。1951年に、本籍が広島市東区中山 […]