ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 2013年に下院の人権委員会委員長に選ばれ、同性愛差別や人種差別での問題発言で物議を醸した福音派牧師のマルコ・フェリシアーノ下院議員が、2016年のサンパウロ市市長選にキリスト教社会党の候補として出馬することが8月31日に明らかとなった。同市長選には既に、カトリックとの結びつきが強く、有名なニュースキャスターのダテナ氏が進歩党からの出馬を表明、さらに前回選挙で3位となったウニベルサル教会とつながっているセウソ・ルッソマノ下議の出馬も有力視されている。宗教色の強い選挙戦になりそうだが、同時に宗教票の票割れも起こりそうな予感も。
     ◎
 6月24日に人気絶頂のまま自動車事故で急死したクリスチアーノ・アラウージョに関し、8月31日に新たな情報が浮上した。それは、クリスチアーノが恋人を後部座席に乗せた事故車が時速179キロの猛スピードで走っていた可能性を示す鑑識報告だ。事故現場の国道153号線(ゴイアス州)は制限速度110キロだから、かなりの速度違反だったことになる。クリスチアーノたちがシートベルトを使ってなかったことは事故直後から言われていたが、運転手の責任を問う声が一段と高まりそうだ。
     ◎
 サッカーのブラジル杯の準々決勝の組合せが8月31日に決まった。それによると、サンパウロ対ヴァスコ・ダ・ガマ、フィゲイレンセ対サントス、インテルナシオナル対パルメイラス、フルミネンセ対グレミオとなる。試合は今月の23、24日。例年、地味な印象の大会だが、今年はサンパウロ州から三つ勝ち残りがあり、盛り上がりそう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年3月11日 東西南北  サンパウロ市交通公社(CET)が9日に、1、2月にチエテ、ピニェイロスの両マルジナルで起きた交通事故の数を発表した。ドリア市政になって自動車の制限速度が緩和されて以来、初めての統計となったが、それによると、死者の出た交通事故はこの2カ月間に102件発生したという。昨年同期は5 […]
  • 東西南北2016年2月2日 東西南北  第22次ラヴァ・ジャット作戦以降、ルーラ前大統領に関する報道が過熱の様相を見せつつある。既にラヴァ・ジャット作戦が動きはじめたグアルジャー三層高級住宅のOAS改修供与問題の一方で、まだ事件には発展していないもののアチバイア別荘がオデブレヒトと共に騒がれはじめた。それに加えて、 […]
  • 東西南北2016年12月23日 東西南北  ルーラ元ブラジル大統領は21日、建設オデブレヒト社が贈賄代わりにルーラ研究所の土地を購入したと汚職捜査ラヴァ・ジャット作戦で報奨付供述を行ったとする報道を受け、ルーラ研究所の名前で「遂にラヴァ・ジャットもカフカやマイノリティ・レポートの次元にまで来た」との見解を表明した。文学 […]
  • 東西南北2015年9月29日 東西南北  27日夕方、サンパウロ市パウリスタ大通りでデモが起こり、フェルナンド・ハダジサンパウロ市市長を皮肉った人形が登場した。このところ囚人服を着たルーラ前大統領やピノキオの鼻のジウマ大統領など、労働者党(PT)の大物の巨大人形が作られ話題を呼んでいるが、それが遂にハダジ市長にまで及 […]
  • 東西南北2015年8月28日 東西南北  幹線道路での自動車の速度制限を時速50キロにする政策を推し進めているサンパウロ市だが、26日、サンパウロ市のオートバイ運転手の労働組合員約5千人がそれに対して抗議活動を行った。バイク運転手たちは南部のブルックリンから集団走行をはじめ、バンデイランテス大通りを経由して北上し、夕 […]