ホーム | 日系社会ニュース | 在聖総領事館=100年で初の女性就任=新首席領事は準二世
先月23日に着任した関口首席領事
先月23日に着任した関口首席領事

在聖総領事館=100年で初の女性就任=新首席領事は準二世

 6月に離任した在聖総領事館首席領事の佐野浩明さんの後任として、関口ひとみさん(56)が就任した。25日、あいさつのため来社した同氏は同総領事館創立100年の歴史の中で、女性として初の首席領事となる。
 熊本県に生まれ3歳でサンパウロ市に移住した。父親は電気技師で本紙歌壇の選者でもあった故渡辺光さん。サンパウロ大学文学部卒業後、現地採用を経て日本外務省入り。2006年からベレンを始めブラジリア大使館、リオなどで要職を歴任した。
 前職のレシフェ領事事務所長時代では、サルバドールの日本祭りが印象的だったという。「非日系が盆踊りやパラパラ(日本の若年層に流行したダンス)を踊っている光景は圧巻。子ども連れの家族から高齢者まで、日本文化が浸透していた」。
 サンパウロ市赴任に対し「個人的には育った街へ約25年ぶりに戻ってこられ嬉しい」と懐かしがり、「各公館にいた時サンパウロにいる日系人の話題をよく耳にした。活躍している皆さんに会えることが楽しみ。定年まではこの国に尽くしたい」と意気込みを語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • パウリスタ・スポーツ賞=特別賞含め22人が選出=運動界の振興願い60年2016年6月10日 パウリスタ・スポーツ賞=特別賞含め22人が選出=運動界の振興願い60年  ニッケイ新聞による毎年の主催行事、『パウリスタ・スポーツ賞』が、今年で第60回という節目を迎える。秀でた成績を修める現役選手や、普及、強化に尽力した指導者、協会役員らを顕彰するもので、今年で60周年となった。 同賞は1957年、当時のパウリスタ新聞社の創刊10周年を記念し、ス […]
  • いのしし新年会に100人=コロニア最古の干支の会2016年2月2日 いのしし新年会に100人=コロニア最古の干支の会  亥年生まれによる「いのしし会」(近沢宗貴会長)が1月20日夜、『第31回新年祝賀会』をサンパウロ市リベルダーデ区の宮城県人会館で開催した。 同会は南米銀行の橘富士雄氏の提案で。1983年に発足。昭和天皇が崩御された89年、在ペルー日本大使公邸占拠事件の最中だった97年を除き、 […]
  • 草の根資金=医療機器100万ドル弱供与=サ病院と日伯友好病院へ=安倍首相の肝いり、日本製2016年3月25日 草の根資金=医療機器100万ドル弱供与=サ病院と日伯友好病院へ=安倍首相の肝いり、日本製  日本政府による草の根無償資金協力に関し、サンパウロ市のサンタクルス病院に対する贈与契約署名式が16日、日伯友好病院に対する署名式が22日、在聖総領事館で行われた。一昨年8月の安倍首相訪伯時の日系社会支援、並びに医療・保健分野における日伯両国間の協力促進表明を受けて実現、合計8 […]
  • 文協文化空間プロジェクト=100万レの協力呼びかけ2015年8月13日 文協文化空間プロジェクト=100万レの協力呼びかけ  ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)が4月から進めている「文化空間プロジェクト」の改修工事継続にあたり、森口イグナシオ移民史料館運営委員長がさらなる資金援助を呼びかけている。 改修目的は、史料館への来客を促すことと文化事業を行なうことの2点。これまでサンジョアキン通り […]
  • 援協・地区委員総会=会員2千人減少、1万切る=年会費は100レ据え置き2015年12月8日 援協・地区委員総会=会員2千人減少、1万切る=年会費は100レ据え置き  サンパウロ日伯援護協会(菊地義治会長)の第38回地区組織委員総会が21日、援協本部5階の神内ホールで開かれ、サンパウロ市内や郊外、サンパウロ州各地などから71人が出席した。 2015年度活動報告によれば、10月現在の会員数は計9510。この1年間で1874人の退会者があり、特 […]