ホーム | 文芸 | 読者寄稿 | 言論の自由はいいが鵜呑みにするな=サンパウロ 梅崎嘉明

言論の自由はいいが鵜呑みにするな=サンパウロ 梅崎嘉明

 最近、目良浩一氏の記事や講演がにぎにぎしく新聞に報じられていて、それに共感する人々も多いようだ。目良氏はアメリカに住んでおられるようで、アメリカの政情、歴史をネタに報じられておられるようで、日本側の情報を見聞きしてきた私などが読むと多少のくいちがいがある。
 その国の歴史というものは、自分の国に都合のよいように記録されているものが多いので、片方の言い分を鵜呑みにしてはいけないだろう。
 そもそも太平洋戦争の発端は、自衛でも侵略でもなかった。1929年の世界的不況のあおりを浴び、その上、日本は人口過剰からくる就職難にあえいでいた。
 少し昔にさかのぼるが、日本は日清・日露の戦いに勝った。しかし多くの人材を亡くした。戦争に勝つには人材を多く持つことだ、と政府は暗に「産めや殖やせよ、地に満ちよ」と奨励していた。その結果、昭和に入って戦争がないものだから人口があふれ、大学を出ても便所の掃除人にもなれないと言われる世代となっていた。
 その人口のはけ口を海外に求め、まず隣国の満州を制圧し、そこへ満蒙開拓義勇軍といった名目で人々を送り出し、またブラジル移住をも大々的に奨励していた。それでも景気は回復せず、戸惑っている政府を2・26事件で抑えこみ、軍部は支那へと進出した。
 日本としては侵略のつもりではなく、日本の経済復帰のためであって、進出した土地には新政府を樹立させ、宣撫工作にも腐心していた。が、外国から見れば侵略に相違ない。
 それを良しとしない米国は「満州国は承認するから、支那から撤退しろ」と和平交渉をもちかけてきた。時の政治家・近衛文麿は和平に持ち込みたい意向だったが、奢っていた軍部の賛成を得られなかった。
 これは日本側の報道で、目良氏は「満州国とインドシナから完全撤退と、日本では到底承認できない条件をつきつけられ、誘導される形で真珠湾攻撃をした」と述べておられる。「満州を承認する」という日本の報道と「満州国から撤退せよ」というアメリカの通告とは大きなズレがある。どちらが正しいのか、専門家でない私には分からないが、その亀裂によってただちに真珠湾攻撃を開始した、ということではない。
 新聞記事だから実際の目良氏の話とは多少のズレがあるかもしれないが、和平交渉が持ち上がった次点では、まだインドシナへは進出していなかったと私は認識している。
 日本との和平交渉が分裂したので、アメリカは日本への経済封鎖を実施した。その頃の日本は生糸が第一の輸出製品で輸出先が米国だったので、日本の生命線を断ち切られたことになり、止む無く資源確保のために南洋方面に進出した。
 これも侵略が目的ではなく、資源を提供してもらうことと同時に、当時英国の統治国であった国々の独立をうながしての進出だったが、これも邪魔をするのは英米だったので、無理な戦争と分かっていながら英米に宣戦布告したのであった。
 海軍提督の山本五十六は、半年ぐらいは太平洋上であばれてみせる、と宣らし、そのあとは何も言わず、戦場の華と散ってしまった。
 味方を知って敵を知る、といった叡智があったなら、無謀な太平洋戦争など起こさずに済んだはずだった。人間界の成すことすること、なべて一長一短で、その為に種々の問題を巻きおこし、古今東西いつの世も争いはつきない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 薬草・健康=サンパウロ 吉野功努雄2016年10月26日 薬草・健康=サンパウロ 吉野功努雄  今日では薬草や野菜類が健康に良いと、ブラジルの雑誌などにも沢山書かれており、非日系人の間にもだんだん知られ普及してきたようです。  この薬草ですが、誰にでも効くものと、人によっては効かないものがあるようです。自分に合わないと思ったら、色々試して合うものを見つける必要があると […]
  • イグアスーの滝、2人旅(2)=サンパウロ 平間浩二2016年6月16日 イグアスーの滝、2人旅(2)=サンパウロ 平間浩二  暫く走ってから比較的大きなカーブに差し掛かった時、船長は突然、急カーブを切った。あわや転覆するのでは・・・と驚愕した瞬間、今度は全員が波しぶきを全身に浴び悲鳴を上げた。 船長は2、3度この恐怖のサービスを繰り返した。いよいよ滝の下に近づくにつれ、徐々に滝しぶきが強くなってきた […]
  • 「拝啓、Aさんお元気ですか?」=ジアデマ 松村滋樹2016年8月19日 「拝啓、Aさんお元気ですか?」=ジアデマ 松村滋樹  ブラジル事情に詳しくて、いつも新聞や実業雑誌に投稿されていたAさん。街でお会いすると、いつも向こうから声を掛けて来られ「元気ですか」と挨拶される。私の人生の師であった。 […]
  • イグァスーの滝、2人旅(1)=サンパウロ 平間浩二2016年6月8日 イグァスーの滝、2人旅(1)=サンパウロ 平間浩二  カルナバルが終り、その週の日曜日(2月14日)に2人でイグァスの滝を見に行くことにした。私は一度会社の旅行で行っているが、家内と一緒に行くのは今回が初めてである。旅行社は『CVC』で、全国的なネットワークを持つ格安の有名大手旅行社である。「カルナバル済て2人の旅路かな」 集合 […]
  • 2世第1号の人=ジアデマ 松村滋樹2016年6月8日 2世第1号の人=ジアデマ 松村滋樹  珍しく早起きして、ソファで血圧を計っていると電話がなった。早朝に電話がなるのはお葬式の話と決まっているので、恐る恐る受話器を取る。「オレオレ。未だ寝てた?」アチバイアのMさんだった。 「聞いて驚くなー」人をビックリさせるあの独特の抑揚。同船者で病気の人って誰だっけ?それとも元 […]