ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 13年の全国規模でのマニフェスタソン以来、様々な抗議活動に登場しては銀行や商店などへの破壊行為を行ってきたブラック・ブロックスが15日に再び姿を現した。同日は、聖州政庁前で、街灯の壊れた部分を武器に門の破壊を試み、とび蹴りを行なうなどする姿が見られた他、敷地内で爆発物も見つかった。ここ数日、州の教育プログラム改編で州立校の統廃合に関する反対デモが起きているが、ブラック・ブロックスとしては「教師の日」だったこの日を絶好のタイミングとして選んだか。それにしても、ジウマ大統領に対するマニフェスタソンには登場せずにここで登場とは、その真意はいかに?
     ◎
 1週間の休憩後に再開したサッカーの全国選手権で、リベルタドーレス杯出場権のかかったG4(同選手権4位以上)を目指すサントス、サンパウロ、パルメイラスの3チームが14、15日の試合に揃って敗れた。現在、4位にサントス、勝ち点差なしの5位にサンパウロ、1点差で6位にパルメイラスで、どこかが1勝しただけで展開ががらりと変わりえたのだが。この3チームは21、28日に行われるブラジル杯の準決勝にも進出中。熾烈な争いは続きそうだ。
     ◎
 きょう17日が終わると、明くる18日からは夏時間がはじまる。18日は、1日のはじまりが0時でなく、いきなり1時からはじまるので、深夜に交通機関を利用する人は間違いのないよう。毎年のことだが、日本の知人と連絡がとりたい場合など、12時間という覚えやすい時間差が狂うため、慣れるのに時間がかかるものだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年8月27日 東西南北  ジウマ大統領の弾劾裁判などもあり、なかなか話題になりにくい聖市市長選だが、26日からはテレビでの政見放送もはじまった。それぞれの候補の持ち時間は、現在は支持率5位のジョアン・ドリア氏が3分6秒と最も長い。現在支持率1位のルッソマノ氏の持つ1分12秒の約3倍近い放送時間を持つド […]
  • 東西南北2016年6月17日 東西南北  「リオ五輪の前にジウマ大統領の罷免問題決着を」と願っていたテメル暫定政権だったが、弾劾裁判実施か否かを決める上院本会議は8月初旬となった上、トランスペトロ元総裁のマシャド氏のデラソン(報奨付供述)が浮上した。デラソンそのものは、連邦検察庁も「既に極めて多数の証言が集まり、事件 […]
  • 東西南北2016年8月16日 東西南北  自国が五輪期間中も、サッカーの全国選手権は休まず開催される。今回の五輪代表は23歳以下の若い選手が多いため、本来なら国内のチームに影響が及ぶはずなのだが、15日現在の上位4チームは、ガブリエル・ジェズスのパルメイラス、ガビゴルやゼッカのサントス、ルアンやウォレスのグレミオ、ダ […]
  • 東西南北2016年4月12日 東西南北  ジウマ大統領罷免阻止に苦しい展開の労働者党(PT)に、追い討ちをかけるように内部分裂の危機が浮上している。11日付フォーリャ紙によると、ルーラ政権で法相を務めた、前南大河州知事のタルソ・ジェンロ氏を筆頭に、PTに失望した党員たちが今年10月の市長選後に新党結成を目指すというの […]
  • 東西南北2016年4月20日 東西南北  伯国ではまだ、17日の下院でのジウマ大統領に対する罷免投票の余韻が残っているが、ダッタフォーリャが15~17日に行った最新調査によると、ジウマ氏の罷免賛成派の59%、反対派では79%がテメル副大統領の罷免という考えに賛成だという。ちなみに反対は前者で37%、後者で14%だった […]