ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 13日は母の日で、刑務所の受刑者の一部には一時的な出所が認められる。まだ10代だった2002年に両親の計画殺害を行ったスザーネ・フォン・リクトフェン受刑囚も、10日にサンパウロ州トレメンベーの刑務所を仮出所となり、一般人の恋人と共に刑務所を後にする姿が見られた。スザーネ氏は39年の実刑判決を受けているが、既に刑期の6分の1を終え、模範囚でもあったため、現在は昼間の外出が認められている。こうしたことは、ブラジルの法律で認められていることなので、問題がないと言えばない。ただ、「両親を殺害しておいて母の日に恩恵を受けるとは」と思う人も少なくはないだろう。
     ◎
 サンパウロ州ベルチオガで5日から、ジョナタン・リマ・オジェガ・サントスさん(18)とルーカス・ダ・コスタ・バジーロさん(20)の2人が行方不明となり、現在も捜索が続いている。2人はこの日、セルフィー(自撮写真)を撮るために、他の友人3人とサンパウロ市から浜辺に日帰りで出かけていたが、高波に飲まれて姿を消してしまった。その浜辺は危険地域として有名だったという。景色は美しかったのかもしれないが、そこが落とし穴になってしまったか。
     ◎
 10日はブラジル杯の試合が行われた。2週前の敵地戦を引き分けていたコリンチャンスは、本拠地でのヴィットーリア戦に3―1と快勝し、準々決勝進出を確定させた。サントスは本拠地でエース、ガビ・ゴルの活躍でルーヴェルデンセ相手に5―1と圧勝した。サントスは大量リードを持った状態で、来週行われる第2戦に臨む。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年11月14日 東西南北  明日15日はいよいよ統一地方選の投票日だ。投票所に人が群がることでコロナウイルスの感染を気にする人も少なくはないだろう。だが、選挙高裁はすでに「コロナ禍を恐れることは、国民の投票義務回避の理由にはならない」との見解を示している。選挙当日、発熱その他のコロナの兆候を示すものがあ […]
  • 東西南北2020年11月4日 東西南北  10月31日からの3連休中は雨模様だったサンパウロ州。月末に降った雨でカンタレイラ、グアラピランガの両水系の10月の降水量はなんとか70ミリ台まで上がったが、「前半のあの猛暑がなければもう少しは」といったところか。ただ、この3連休は冷え込んだおかげで、海岸部が海水浴客で溢れる […]
  • 東西南北2020年10月31日 東西南北  サンパウロ市地下鉄モノレール15号線の拡張工事が先週から再開された。この線は、モノレール車両をかなり高いところで支える線路と支柱の大きさでかなり目立っていたものの、なかなか工事が進まないため、巨像のような扱いを市民からはされていた。コロナ禍もやや落ち着きはじめたことで、工事が […]
  • 東西南北2020年10月30日 東西南北  28日、サンパウロ市と近郊地区を行き来するEMTUのバスに、抗コロナ対策車両12台がお目見えした。12台のバスはヴィアソン・オザスコ社が所有するもので、オザスコ〜サンパウロ市間で使われる。これらのバスは、シートなどに抗菌性の布のカバ―がかけられている。これらの措置には1台につ […]
  • 東西南北2020年10月17日 東西南北  ファビオ・ファリア通信相が15日、新型コロナ感染症に罹患した事を明らかにした。同相はビデオの中で「1週間以上前に参加した夕食会で感染したと思う」と語っている。この夕食会は、ロドリゴ・マイア下院議長とゲデス経済相の間の関係を修復するために連邦議員達が計画したもの。同相は14日に […]