ホーム | 日系社会ニュース | 山本喜誉司賞=野田、天谷、水谷3氏に栄誉=創設50年祝いポ語記念誌も
(前列左から)水谷、天谷、野田夫妻
(前列左から)水谷、天谷、野田夫妻

山本喜誉司賞=野田、天谷、水谷3氏に栄誉=創設50年祝いポ語記念誌も

 農業分野の功労者を顕彰する『第45回山本喜誉司賞』の授与式が11月27日夜、文協貴賓室で行なわれた。トマトの品種改良に貢献したアマゾナス州マナウス在住の野田博さん(72)、サンパウロ州レジストロの天谷良吾さん(61)、ライゼングループ副社長の水谷イサムさん(56、ともに二世)3氏が栄誉に浴した。
 サンパウロ州ポンペイア生まれの野田さんは、アマゾン地域でのトマト栽培に貢献。「耐病性があり熱帯環境に適した新種『ヨシマツ』は両親の名前(ヨシマサ、マツ)から命名した。アマゾンの農業改善のため無償配布した」と紹介、受賞に感謝を示した。
 天谷さんはサンパウロ州レジストロで、1930年代から経営する製茶工場「天谷」の三代目。お茶の里として栄えた同地では、最盛期の80年代に40以上もの工場があったが、今では天谷茶のみとなった。「今まで最高のお茶を求め生産してきた。紅茶、緑茶ともに質の向上に努めたい。景気回復を信じ力強く乗り切りましょう」と呼びかけ、今後も経営努力を続けていくことを誓った。
 バイオ燃料や砂糖を製造するライゼングループ(コーザンとシェルの合併企業)で副社長を務める水谷さんは、長年に渡りサトウキビ栽培に尽力した。環境整備や融資による小農支援にも貢献した同氏は、ピラシカーバ日伯文化体育クラブで会長も務める。企業幹部らしく「不景気で涙を流すかハンカチを売るか。ブラジルの経済状況が悪くとも、考え方一つでチャンスにもなる」と訴えた。
 賞創設50周年を記念し、歴代委員長6氏に表彰状が送られた。代表謝辞に立った高橋一水さんは、「半世紀が流れても継続されている事業とあって、創設当時の熱意は相当なものだったはず。尊い趣旨の継承を願う」との言葉を送った。
 またポ語記念誌『ブラジル農業への日系社会の貢献』(224頁)も刊行された。果樹や蔬菜、養鶏、花卉、コーヒーなど分野ごとに歴代表彰者を紹介している。選考委員の山添源二委員長、常広アルフレッド副委員長らが執筆。印刷した1500部は文協事務局で無料配布している。式典では、山本喜誉司氏の孫・利夫ルイスさんにも手渡された。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■杉本正(まさし)さん2016年8月5日 ■訃報■杉本正(まさし)さん  「福博25青年会」の創立者の一人として理想郷建設に貢献し、老人クラブ連合会(現・熟年クラブ連合会)で副会長を務めた杉本正さんが先月30日午後5時頃、サンパウロ市内の自宅で老衰のため亡くなった。享年99。 スザノ市内サンセバスチャン墓地にて、葬儀・火葬、初七日が行われた。本日午 […]
  • 「全伯から日系農家推薦を!」=山本喜誉司賞、受付始まる2016年4月28日 「全伯から日系農家推薦を!」=山本喜誉司賞、受付始まる  文協山本喜誉司賞選考委員会(山添源二委員長)による『第46回山本喜誉司賞』の候補者受け付けが始まった。同賞によって、農業分野の日系功労者を顕彰する。締め切りは6月20日。 選考基準は「技術革新への貢献」「独創性・創意への先駆的貢献」「農業者が獲得した成果の波及への貢献」「財政 […]
  • ■訃報■山元守さん2016年6月7日 ■訃報■山元守さん  ブドウ栽培の開発に貢献した山元守さん(二世)が2日、老衰のためバイア州カーザ・ノーヴァの自宅で亡くなった。享年83。 1933年、サンパウロ州アラサツーバ近くのジャンガーダ植民地生まれ。両親は大分県出身。 パラナ州でのバタテイロを経て、サンフランシスコ河中流域における灌漑ブド […]
  • あいさつする木多会長2015年3月19日 文協が還暦迎え記念夕食会=ポ語記念誌の刊行も祝う=木多会長「ブラジル社会に貢献」  ブラジル日本文化福祉協会(木多喜八郎会長)が創立60周年を迎え、13日夜に記念夕食会が行なわれた。60周年記念誌(ポ語)の発刊記念も兼ねた式典には、約450人が参加した。木多会長らは創立に関わった先人の苦労を称え、「我々には果たすべき責任がある。文化発信、日伯交流という責 […]
  • 山本喜誉司賞、受賞者決まる=天谷、水谷、野田3氏に2015年8月20日 山本喜誉司賞、受賞者決まる=天谷、水谷、野田3氏に  農業分野の功労者を顕彰する「第45回山本喜誉司賞」の受賞者が決定した。選考委員から山添源二委員長、長井邦夫、常広アルフレッド両副委員長が報告に訪れた。 11月27日午後7時から文協ビル貴賓室(Rua Sao Joaquim, […]