ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 年が明けてまだ1週間ほどだが、ラヴァ・ジャット作戦(LJ)は早くも新たな局面へと向かいつつある。とりわけ注目されるのは、やはりジャッケス・ヴァギネル官房長官の存在だろう。以前の報道では、ルーラ前大統領が「18年大統領選の候補のひとり」とまで考えていたほどの人物で、これから巻き返しをはかりたいジウマ政権としては不可欠な存在なだけに、労働者党(PT)や連邦政府のショックは大きい。昨年までのLJ捜査では全く名前が上がってきていなかっただけに、なおさらだろう。下院での大統領罷免の波をなんとか食い止めたい政府としては、右腕役の戦線離脱は避けたいところか。
     ◎
 昨年の12月に、聖市東部サンミゲル・パウリスタ区とエルメリゾ・マタラゾ区で、新聞を売るバンカが丸ごと、レッカー車で持ち去られるという事件があり、2件目の事件の映像は先日来、報道されていたが、7日、それらを含む七つのバンカがグアルーリョスで発見された。それらのうち、六つは中も荒らされていた。現場には1軒のキオスクと1台の食堂トレイラーもあった。警察は既にレッカー車の運転手らを逮捕。同運転手に命令を下した2人の主犯は現在も逃走中だ。
     ◎
 聖州では今週1週間、この夏になってから初めての夏らしい日差しと暑さを体験できた。予報によると、今週末から週明けにかけて天気は崩れ、来週からは再び雨模様の日が続くという。カンタレイラの水位があがるためには今後も本格的な雨がほしいが、水節約はまだ必要。水害は控えめにお願いしたいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年3月1日 東西南北  ラヴァ・ジャット作戦に関するニュースが紙面を独占する状態は今年になって加速するばかりだが、その最中の2月28日、ジョゼ・エドゥアルド・カルドーゾ法相(労働者党・PT)が辞意を表明した。同法相は、渦中のルーラ前大統領やPT党員から「検察庁や連邦警察を野放しにしており、管理できて […]
  • 《ブラジル》マリーザ夫人4日に葬儀=ルーラ元大統領はラヴァ・ジャット作戦に怒り心頭2017年2月7日 《ブラジル》マリーザ夫人4日に葬儀=ルーラ元大統領はラヴァ・ジャット作戦に怒り心頭  3日夕、脳血管障害に伴う脳死判定を正式に受けたルーラ元大統領夫人のマリーザ・レチシア氏の葬儀が4日、同氏の地元であり、二人が出会った場所でもある大サンパウロ市圏サンベルナルド・ド・カンポ市の金属労組で行われ、ルーラ氏がラヴァ・ジャット作戦(LJ)に向けた怒りをぶちまけた。5日 […]
  • 新年占う編集部座談会2=ざっくばらんに行こう!《ブラジル社会編》=〃泥〃まみれの一年振りかえる2016年1月5日 新年占う編集部座談会2=ざっくばらんに行こう!《ブラジル社会編》=〃泥〃まみれの一年振りかえる レヴィ辞任の意味するもの=3月からデモどうなる?=リオ五輪は本当に大丈夫か=「中国の成長率が下がるとサマルコのダムが決壊する」深沢正雪(編集長)=いやあ、2015年は凄い年だったね。ちょっと近年まれに見る大変動、ハラハラドキドキの年だった。 京都の清水寺が毎年12月、その一年を […]
  • 《ブラジル》ルーラ元大統領が6件目の告発受ける=アチバイアの別荘関連疑惑で2017年5月24日 《ブラジル》ルーラ元大統領が6件目の告発受ける=アチバイアの別荘関連疑惑で  パラナ州クリチーバ市の連邦検察ラヴァ・ジャット作戦(LJ)特捜班は23日、既に5件の捜査で被告になっているルーラ元大統領(労働者党・PT)に対し、6件目となる起訴(クリチーバ地裁扱いでは3件目)を行ったと23日付現地紙が報じた。  パラナ州連邦検察は、建設大手オデブレヒト社 […]
  • 東西南北2017年1月13日 東西南北  ルーラ元大統領は11日、バイア州サルバドールで行われた土地なし労働者運動(MST)主催の集会に参加し、集まった群衆に、大統領選挙に再出馬の意向を示した。しかも、「テメル(大統領)でも、セーラ(外首相)でも、セルジオ・モロ(判事)でも、連警の警部でも構わない。誰が出てきても受け […]