ホーム | 日系社会ニュース | サントスでちむぐくる!=宮城姉妹、カーニバル出場
姉の佳代子さん(左)と妹の弥生さん(右)(提供写真)
姉の佳代子さん(左)と妹の弥生さん(右)(提供写真)

サントスでちむぐくる!=宮城姉妹、カーニバル出場

 沖縄県那覇市にあるサンバ・ダンスグループ「アンダギーニャ」の宮城佳代子さん(36)、弥生さん(34)姉妹が、今年もサンバカーニバルのためにブラジルへやってきた。彼女たちにとって2012年、14年に続き2年ぶり3回目の出場。ただ今回は、聖市ではなく沖縄県系人が多いサントス市が舞台となった。
 サントス市に隣接するサンビセンテ市は、彼女らの地元である沖縄県出身の移住者とその子弟が多く、78年から那覇市とは姉妹都市提携を結んでいる。交換研修制度などの交流も活発とあって、那覇市を通じ宮城姉妹自らがサンビセンテ市へ働きかけたという。
 同市も積極的に彼女らを受け入れ、サントス市のカーニバルに出場するサンビセンテ市のインペラトリス、さらにはサントス市のウニオン・インペリアルという2チームを掛け持ちすることになった。
 これまでは自費で滞伯していたが、今回はサンビセンテが〃民間大使〃としての活動を認め、滞在費を負担する。カーニバル前日の1日29日には、同市職員らと共にそうした経緯を説明に来社した。
 2人は「県系人が多い地域で踊れることが何よりも嬉しい」などと意気込んだ通り、パシスタとして初日1月30日夜の先陣インペラトリスで、明朝には大トリのウニオン・インペリアルで華麗に舞った。
 サンバを終えたその足で、31日昼に離伯。ドタバタのうちに機上の人となった。「沖縄風の衣装で初めてカーニバルに出られてとても感激!沖縄のPRになっていれば嬉しい」(佳代子さん)、「大きな山車の上で踊る事も初めてで、サントスの気持ち良い風を受け楽しく踊れた」(弥生さん)などと謝肉祭を振り返った。
 滞在中には、サンビセンテ市誕生484周年記念日(1月22日)の公式事業として、沖縄伝統芸能のワークショップなどで交流し、ルイス・クラウジオ・ビリー市長も表敬訪問した。


□関連コラム□大耳小耳

 サントス市のカーニバルに初出場した沖縄出身の宮城姉妹は、ブラジルでの活動ぶりをフェイスブック(www.facebook.com/miyagishimai/)やブログ(okinawasamba.ti-da.net/)上で綴っている。サンビセンテ市誕生日の22日には、地元エイサー太鼓グループなどと競演したライブも行い、「半ば沖縄祭りのようだった」という。短い期間とはいえ、県系人に囲まれ充実した滞在になったようだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ