ホーム | 日系社会ニュース | 司令官として首都へ=池田少将、聖市に別れ
サンパウロでのお別れ会で笑顔を見せる池田少将(中央)
サンパウロでのお別れ会で笑顔を見せる池田少将(中央)

司令官として首都へ=池田少将、聖市に別れ

 聖州を管轄する南東軍で参謀長を務めていた池田隆蔵陸軍少将(55、二世)が、首都ブラジリアを管轄する第11師団の司令官に昇進するにあたり1月28日、同地で就任式が行なわれた。
 池田少将は知人らに対し、「聖市任期中はW杯などの重要なイベントも行なわれたが、大きな問題もなく任務を全うできたと思う」と、達成感を見せていたという。式には退役大将のシルバ・エ・ルーラ国防次官や日本国大使館の山内徹防衛駐在武官らが出席した。
 南東軍での任務は、2014年4月の少将昇格から当たっていた。サンパウロ勤務最終日となった先月22日には、市内のイビラプエラ公園司令部でお別れ会が開かれ、中前隆博在聖総領事らが祝福に駆けつけた。
 報告に来社したサンスイ社の平崎靖之社長補佐は、「バウルーに住む自衛隊出身の父、旭さんも喜んでおられた。本人も意気込んでいてさらなる出世に期待です」と声を弾ませた。

image_print

こちらの記事もどうぞ