ホーム | 連載 | 2016年 | 軽業師竹沢万次の謎を追う=サーカスに見る日伯交流史 | 軽業師竹沢万次の謎を追う=サーカスに見る日伯交流史=第5回=聖市に文化をもたらしたサーカス

軽業師竹沢万次の謎を追う=サーカスに見る日伯交流史=第5回=聖市に文化をもたらしたサーカス

日本人軽業師が公演した旧サンジョゼ劇場は、19世紀の聖市における文化の中心。焼失する前の貴重な写真

日本人軽業師が公演した旧サンジョゼ劇場は、19世紀の聖市における文化の中心。焼失する前の貴重な写真

 前節でエスタード紙1886(明治19)年9月4日付の「コンパニア・ジャポネーザが、サンジョゼ劇場で様々な演目を行う」と紹介した。このサンジョゼ劇場は現在、存在しない。
 ヴェージャSP電子版(vejasp.abril.com.br/materia/o-teatro-sao-jose)によれば、同劇場は1864年にラルゴ・サンゴンサーロ(現在のジョン・メンデス広場)に建設された。19世紀の聖市を代表する劇場で、1200人収容。イタリア、ポルトガルの劇団を始め、様々な国際的興行の中心地だった。
 その次にエスタード紙に日本人軽業師の広告が現れるのは10年後、1896(明治29)年8月6日付だ。
 オーストラリアのサーカス団「ヂアス・ブラガ」の長い、詳細な告知の後、小さくサンジョゼ劇場の予告が入っており「この劇場ではもうすぐ、ロンドンのオリンピア劇場で大成功をおさめたばかりの、フリデマン(Friedmann)率いる日本のサーカス団が公演する予定。近日中に出る予定の告知にご注意を」とある。
 この「ロンドンのオリンピア劇場」はポ語読みで、通常は「オリンピック劇場」、当時ロンドン、ニューヨークに実在した超有名な大劇場だ。
 19世紀後半、サンパウロ市はコーヒー景気をむかえ、単なる田舎町から都市に変貌しようとしていた。まず1867年にサントス=ジュンジャイー鉄道が開通し、聖市を起点に次々に各方面に鉄道網が伸びている時代だった。
 1875年にサンパウロ=ソロカバナ鉄道、1876年に聖市とリオをつなぐセントラル線の聖市=ジャカレイー間が開通、パウリスタ線の聖市=リオ・クラーロ間が開通するという具合だ。
 コーヒー貴族が次々に生まれる中、聖市セントロにはようやく文化の香りが漂い始めた。ところが1898年に同劇場は火事で焼失。数年後に御茶ノ水橋の脇(現在のショッピング・ライチ)に3千人収容の新サンジョゼ劇場が建設された。
 1911年にはそのすぐ向いに、パリのオペラ座を模した本格的な「市立劇場」が建立される。ここを舞台に1922年に「現代芸術週間」(Semana de Arte Moderna)が開催され、華やかなリオに比べて〃文化不毛の地〃の印象が強かった聖市に、文明の灯りを燈した記念すべき場所だ。
 サーカスや演劇はまさに文化そのものだった。そんな聖市産業勃興、文明開化的な時期が、例の広告の出た1886年だ。
 奴隷制度が廃止される2年前でもあり、欧州移民がコーヒー農園に大量に導入され始めた時期だ。1889年には軍部クーデターにより共和制宣言が出され、帝政が廃止された。大きな時代の境目だった。
 奇しくも、後に日本人布教の中心となるサンゴンサーロ教会の辺り、戦前の日本人街コンデのすぐそばにあった旧サンジョゼ劇場に、笠戸丸の22年前、実は日本の軽業師一座が来ていた。(つづく、深沢正雪記者)

image_print

こちらの記事もどうぞ