ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 群馬県の上毛新聞10日付け電子版によると、同県「ブラジル・タウン」として知られる大泉町の「2015年末時点の外国人住民国籍数は54カ国に上り、外国人流入のきっかけとなった1990年の改正入管難民法施行以降、最多となった」、また「最大勢力のブラジル人は、97年に外国人全体の8割近くを占めたが、徐々に割合が低下。近年は09年以降下落続きで、15年末は59・9%」とある。記事は教育にも言及しており、ポ、西語以外の言語話者の子ども達への支援に課題があるという。これまで支援NPO等が活躍してきた同町だが、多国籍化にともない課題が複雑化している。人口約4万人の小さな町が多国籍化の大波に直面――そんな現場の悲鳴が聞こえてきそうな記事だ。
      ◎
 ニッケイ新聞のフェイスブックにサンパウロ市カーニバルの写真を100枚以上、2回に分けて投稿したところ、普段の記事が見られる回数よりも10倍以上閲覧数が多かった。「日本のサンバ愛好者がよく見ている」という噂は聞いていたが、これほど反応があるのは珍しい。普及著しいインターネットができる携帯電話が写真を見やすい作りになっているのも、閲覧数増加の一因かもしれない。まあ、若い女性が胸を露にした写真もあったので、その〃ご利益〃かもしれないが。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • NHK紅白歌手=三山ひろし「ぜひ見に来て」=記者会見、当日に特別演出も=北島三郎「植樹した木見てきて」2019年6月15日 NHK紅白歌手=三山ひろし「ぜひ見に来て」=記者会見、当日に特別演出も=北島三郎「植樹した木見てきて」  「“移民の父”水野龍が同じ土佐の出身だという事で、ブラジルにとても縁を感じています。ぜひ見に来てください」――13日に来伯したばかりのNHK紅白歌手、三山ひろし(38、高知県)がそう語ると、ブラジル人記者団は嬉しそうに笑顔をうかべた。日本移民111周年を記念して、明日 […]
  • オザスコで富士山写真展=110年記念して市が開催2018年6月15日 オザスコで富士山写真展=110年記念して市が開催  サンパウロ州オザスコ市は、静岡新聞(本社・静岡市)とニッケイ新聞との共催で『富士山写真展』を13日から、オザスコ・プラザ・ショッピング内で開催している。  本展は日本移民110周年を記念して開催されたもの。静岡新聞のカメラマンによって様々な角度から収められた霊峰のパ […]
  • カーニバル=ヴァイヴァイが呼びかけ=「日系社会からも参加を!」2017年2月10日 カーニバル=ヴァイヴァイが呼びかけ=「日系社会からも参加を!」  サンパウロの有力サンバチーム「ヴァイヴァイ」(ダルリ・シウヴァ会長)が1月31日、ニッケイパレスホテルで記者会見を行った。会見には50人の報道関係者らが集まり、今年度の発表を聞いた。  会見には同チームのトヴィアス・ダ・ヴァイヴァイ名誉会長のほかジレトール・デ・カーニバ […]
  • エドアルド 質疑応答 (New!)2016年5月2日 エドアルド 質疑応答 (New!) サンパウロ市リベルダーデ街にあるニッケイ新聞編集部に3月4日(金)に来社してくれたエドアルドさんに、いろいろと突っ込んだ質問をしてみました。どんなことを聞いても、ちゃんと受け止めて、真剣に答えるエドアルドさんに、こっちがびっくり。日本語の達者ぐあいもさることながら、なかなかキモ […]
  • 日本でのブラジル音楽普及パイオニア4人(左より坂尾、ニルソン、小野、大島。1984年東京小野リサのアパートにて、写真提供=坂尾)2014年3月22日 日伯音楽交流のパイオニア=ドラマーのラッチーニョ氏逝く ニッケイ新聞 2014年3月22日 日伯音楽交流に最も顕著な活動をしてきたブラジル人ドラマーが、サンパウロ市のマンダキ病院で17日に亡くなった。このニルソン・アルカンタラ・ペレイラ氏は「ラッチーニョ」の芸名で親しまれていた。日本のブラジル音楽評論家の故大島守、元在サンパウロ […]