ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 コチア青年の60周年記念誌は、前田進会長や安倍晋三首相らの挨拶文に始まり、コチア青年らの手記が並ぶ。サンパウロ人文科学研究所の宮尾進顧問は「二つの提言」という題の文章で、自分史を書くことを勧めている。青年らが未知の世界でいかに戦ったかを物語るだけでなく、「日系社会がブラジル社会の中に埋没」していく現在、人生を書き残しておくことで、後世の日系人や伯人にとって助けになるという。次の65周年記念に向けて筆を取ってみては。
     ◎
 国士館スポーツセンター内「青年の広場」にある茶室は、村田重幸相談役の自宅から移転されたもので、コチア青年会員でなくても利用可能。杓田美代子副会長は「気軽に使ってほしい」と呼びかける。平日はコチア青年事務局まで、休日は杓田副会長か村田相談役へ連絡すれば、利用できるよう手配するとのこと。問い合わせは同事務局(11・3031・1123)、村田相談役(同・97165・2168)、杓田副会長(同・96182・2468)まで。
     ◎
 毎日新聞22日付けが「ブラジル出張費、2県議は返還を」との見出しで住民監査請求を報じている。昨年の聖市カーニバルに出陣した青森県五所川原市の立佞武多と共に来伯した県議2氏に関し、報告書の内容が乏しく経費約145万円を返還するよう求めているという。昨年の同パレードを取材した本紙記者も「県議が来ていたなんて知らなかった…」と驚く始末。大事な出陣の現場にも顔を出さず、一体どこで何を?――編集部一同、その記事を見て首をかしげた。立佞武多本体もモジ市で焼失。この報道が事実であれば、さらに水を差す結果に…。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2016年3月10日 大耳小耳  JICAサンパウロ出張所の遠藤浩昭さんが4年の任期を終えて帰国した。駐在員も出入りが激しいが、弊紙も例外ではない。先日、研修生として1年間記者修行をした青年の送別会が行なわれた。強盗に遭っても平然としているほど豪胆な若者で、帰国後は故郷の新聞社へ就職を希望しているという。編集 […]
  • 印象深い外交120周年を振り返る=編集部が選んだコロニア10大ニュース2015年12月30日 印象深い外交120周年を振り返る=編集部が選んだコロニア10大ニュース  聖市カーニバルで巨大立佞武多が華々しく行進したかと思いきや、なんと焼失――。秋篠宮さまご夫妻が恭しくご来伯されたかと思いきや、ジウマ大統領が訪日ドタキャン…。日伯が正式な外交関係を結んでから120年という節目は、思いのほか波乱含みの出来事が起きた。その他、パラナ州やコチア青年 […]
  • 来伯団の皆さん(左から3人目が日比野会頭、左端が松田さん)2014年3月29日 愛知県 犬山商議所一行が来伯=元コチア青年との縁で ニッケイ新聞 2014年3月29日 愛知県犬山市の商工会議所から日比野良太郎会頭、安達英昭副会頭らと、デカセギ支援を行う「南米交流」(愛知県豊橋市)の松田一男代表取締役の計6人が6~11日まで来伯、リオのカーニバル、イグアスの滝などを視察・観光した。 姉妹提携している宮崎県 […]
  • 大耳小耳2016年11月5日 大耳小耳  コチア青年の古希・喜寿・傘寿合同祝賀会では、記念品としてお盆やすし桶が該当者に贈られた。前田会長によると、7~8年前は湯飲みや花瓶だったそう。「安っぽいしねえ。すし桶とお盆に変えたら反応も良かった」と笑った。普段使いできるものも良いが、「そこでしか貰えない物」も良い。島根県人 […]
  • 大耳小耳2016年10月12日 大耳小耳  先日の日曜日、リベルダーデ広場のフェイラ内で中国の伝統音楽のようなものが聞こえ、黄色いTシャツを着た中国の宗教「法輪功」が列になって現れた。宣伝を兼ね、自国で信者が受ける迫害への抗議活動らしい。弾幕を掲げビラを配りつつ練り歩く光景は人目を引く。不思議そうに見る周囲の人々は、差 […]