ホーム | 文芸 | 連載小説 | 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo) | 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(40)

「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(40)

「じゃ、今度会われたら、よろしくお伝えください。キムラさん、大久保にいたころはよく来てくれましたが、西新宿に引っ越してからは、あまり来てくれませんよ。最後に来たのは、もう1年以上前かな。まあ、偉くなって忙しいし、住む世界が違うから、もうこんな店、来れないかもしれませんね」
「キムラさん、外人の彼女とはうまくやってたんですか?」
「いやー、あの頃のキムラさんは、本当に元気で、楽しそうでしたね。何か、会社が大きくなって、有名になる度に、顔色が悪くて、口数も少なくなっていくような気がして、心配してましたけど・・・。でも、最近は、婚約されたなんてニュースも聞きましたから、きっと、元気なんでしょう。昔の彼女がどうしたなんて噂がたったら、迷惑でしょうね」
 オヤジの話を聞き終え、「ケン・キムラ」とは、木村屋コーヒー社長「木村健」だと確信した。
 店の手伝いをしているオヤジの娘さんの手を借りて、酔い潰れたジュリアーナを近くのマンションまで送ったあと、大久保から西新宿まで歩くことにした。JRの大ガードをくぐりながら、同じ道を通って木村氏を捜しに行ったかもしれないカロリーナの姿を想像した。
 次の日は、昼近くになって、考えていたことを実行に移した。
 木村屋コーヒーに電話をすると、すぐに社長につないでもらえた。私は、先日の追加取材のお礼と、次の日曜日の新聞に記事が載ることを伝えてから、単刀直入に、カロリーナというブラジル人女性について、心当たりがないか聞いてみた。
「私、今は暇なんで、ボランティアで外国人の身の上相談をしてるんですが、カロリーナさんっていう人から、お子さんの父親探しを頼まれましてね。『ケン・キムラ』っていう情報しかないんですが、もしかしたらと思いまして・・・。そのお子さんっていうのは、この間、三歳になったばかりの男の子で、今は、サンパウロで元気に暮らしてるんです。ところが、依頼人のカロリーナさんが、不幸にも日本で亡くなりましてね。代わりに、何とか父親を捜してやりたいんですよ。親が二人ともいなくなったら、その子、かわいそうですからね・・・」
 電話の向こうの木村氏の沈黙が、何を意味しているか分かったので、話を続けた。
「あっ、人違いですね。大変失礼しました。なかなか分からなくて、いろんなところに片っ端から聞いているんですよ。たまたま、社長と名前が同じだったもんですから。また、他に当たってみます・・・」
 最後通牒を出したところで、ようやく木村氏が口を開いた。
「実は、このところ、誰かがその件で尋ねて来る予感がしていましたし、尋ねて来て欲しいと期待もしていました。まさか、その誰かが、ジュリオさんだとは思いませんでしたが・・・。この間頂いた名刺では、ジュリオさんのお住まいは青山ですよね。今度の日曜日の午後に、マンションの契約の件で六本木に行きますから、その帰りにそちらにお伺いしてよろしいでしょうか。たぶん4時頃になると思います」
 意外だった!木村社長は、カロリーナとの関係をあっさり認めた。日曜日の遅い時間なら都合がいい。リカルドも呼んで一緒に話を聞こう。

【第19話】

 10月最後の日曜日の午後、リカルドは、午前中のサッカーの練習から早めに抜け出し、3時前に私の事務所にやって来た。
 木村社長が来るまでの間、大久保の韓国料理屋で得た情報を伝えていると、約束どおり、4時ちょうどに木村社長が到着したので、リカルドと一緒に地下の来客用駐車場で出迎えた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(49)2016年4月27日 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(49) 「リカルドは、誰かさんと違って、家族の愛情に恵まれて育っただけ幸せだよ」「木村社長は、相変わらず金儲けに忙しいのでしょうか? 死んだカロリーナがあの人に残したメッセージのことは忘れたのかな・・・」「忘れてないよ。結局、人生で一番大切なのは、金とか社会的な地位がなくなっても、最後 […]
  • 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(47)2016年4月23日 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(47) 「私がこんなことを言うのも何ですが、今回、仕事でいろいろお話をお伺いして思ったんですが、社長には、誰か心の支えになってくれる人が必要じゃないですか? それは、家族、友人、あるいは恋人かもしれませんが、身近にいて、社長のことを本当に愛して考えてくれるような人ですよ。私、社長より長 […]
  • 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(48)2016年4月26日 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(48)  人数が増えたので、別のテーブルに移動して、全員ゆったりと着席。オーダーはシュラスコ食べ放題のコースと決めていたので、それぞれ飲み物を注文し、再会を祝して乾杯した。「今日は、ご招待ありがとうございます。彼、日曜日はいつも東京に踊りに来るので、一緒に来ようということになって、つい […]
  • 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(45)2016年4月20日 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(45)  リカルドが、また興奮して話し出した。「社長は、自分の都合で婚約者を捨てたのでしょう? もう何の役にも立たないと思って。カロリーナを捨てた時と同じだ。政治家の娘なら利用価値があるけど、ただのオヤジの娘じゃ、あなたにとって何のメリットもないですよね」「いや・・・それはちょっと違い […]
  • 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(46)2016年4月21日 「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(46)  酒とクスリの相乗作用で完全に盛り上がった二人は、疲れを知らずに踊りまくり、カロリーナは群馬のアパートに帰ることをすっかり忘れてしまった。「二人ともたっぷり汗をかいたところで、外の新鮮な空気を吸いたくなってディスコから出ました」「それから?」「二人で腕を組んで、六本木の街をさま […]